記事総数:554

公開済みの健康情報


【ガス腹の解消法】梅雨時の便秘対策に「オリーブオイル」 ガス抜きに「腸もみ」

【ガス腹の解消法】梅雨時の便秘対策に「オリーブオイル」 ガス抜きに「腸もみ」

私のクリニックの患者さんは重症な便秘の人が多く、なかには1日50錠、100錠という、とんでもない量の下剤(便秘薬)を服用している人もいます。そんな便秘の患者さんたちを診ていて痛感するのが、梅雨時に「冷え」を訴える人が多いということです。なかでも特に目立つのが「おなかの冷え」です。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【便秘を解消する食べ物】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

【便秘を解消する食べ物】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

私は、便秘に悩む患者さんに「オリーブオイル納豆」を勧めています。これは、納豆に少量のオリーブオイルを混ぜるだけのシンプルな食べ物ですが、便秘改善の効果は劇的です。便が柔らかくなって排便しやすくなったり、おなかの張りが取れたりして、下剤が不要になったケースもあります。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【困るお悩み】おならがよく出る原因は?硫黄臭いのは病気?便秘対策にはコレが効く

【困るお悩み】おならがよく出る原因は?硫黄臭いのは病気?便秘対策にはコレが効く

私のクリニックでは、冬場と、梅雨から夏にかけて便秘で来院する患者さんが増えます。その原因は、冬場の寒さと、夏場のエアコンの冷気。腸が冷え、働きが抑制されるからです。そんな人のために考案したのが、便秘を改善する「オリーブココア」です。おならの悩みを解消する簡単体操も紹介します。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【専門医】便秘薬の種類 初期にお勧めは酸化マグネシウム、長期使用NGの下剤はコレ!

【専門医】便秘薬の種類 初期にお勧めは酸化マグネシウム、長期使用NGの下剤はコレ!

重症の便秘に苦しむ人は、とにかく便さえ出せればいいと考え、便秘薬(下剤)に頼りがちになります。そして頼っているうちに、下剤なしでは排便できなくなっていくのです。排便力の衰えに拍車がかかると「食後の腹部膨満感(おなかの張り)」「ガスが溜まる(ガス腹)」といった症状が出てきます。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【高齢者の便秘解消法】改善する食事 効く体操はコレ!原因と対策を専門医が解説

【高齢者の便秘解消法】改善する食事 効く体操はコレ!原因と対策を専門医が解説

高齢者に便秘が多くなる最大の理由は、加齢の影響で腸の機能が低下するためです。頑固な便秘の解消策として私が勧めるのが「腸活」です。特に朝食が大切です。腸の蠕動運動の中でも、排便に大きく関与する「大蠕動」は、朝が最も強く、胃腸に物が入ることによって引き起こされるからです。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【バナナの健康効果】便秘改善・肌の水分量アップを実験で確認!医師オススメは「ホットバナナ」

【バナナの健康効果】便秘改善・肌の水分量アップを実験で確認!医師オススメは「ホットバナナ」

とても身近なフルーツであるバナナは、甘くておいしいだけでなく栄養成分が豊富。バナナを食べると、おなかや肌の調子がよくなると以前からいわれてきました。しかし、これまでそれらを実証するデータはありませんでした。そこで、肌と腸に対するバナナの効果を調査することにしたのです。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


医師監修【脳トレ】 共通文字入れクイズ

医師監修【脳トレ】 共通文字入れクイズ

空いているマスには同じ文字が入ります。文字を当てはめて、単語を完成させましょう。【監修】今野裕之(ブレインケアクリニック)


医師監修【脳トレ】 反転文字を読み取れ

医師監修【脳トレ】 反転文字を読み取れ

反転した文字を読み取り、書いてある言葉を正しく書きましょう。【監修】今野裕之(ブレインケアクリニック)


MCI(軽度認知障害)の予防・対策に「脳トレ」が効果的な理由

MCI(軽度認知障害)の予防・対策に「脳トレ」が効果的な理由

人間の脳は40代から機能低下が顕在化します。定期的に認知機能をチェックすることで、仮にMCIの疑いありと判定されても、そこからすぐに予防行動をとれば認知症の発症を防ぐ可能性が高まります。【解説】今野裕之(ブレインケアクリニック)


【メンタリストDaiGo】メガネをかけてる人が知的に見える理由はコレ

【メンタリストDaiGo】メガネをかけてる人が知的に見える理由はコレ

新生活にピッタリ! 上司や同僚、新しく出会う友人たちのあなたへの印象を操作するテクニックを紹介します。「ハロー効果」と呼ばれる心理効果を利用すれば、対人運は向上できるのです。【解説】メンタリストDaiGo


【仕事運アップ】キャリアアップという"幸運"を引き寄せるために、何をするべきか

【仕事運アップ】キャリアアップという"幸運"を引き寄せるために、何をするべきか

スタンフォード大学の心理学者ジョン・D・クランボルツ教授は、人生の成功者たちのキャリアを細かく分析・研究しました。その結果は、「個人のキャリアの8割は、予想しない偶然によって決定される」というものでした。【解説】メンタリストDaiGo


【金運がアップ】メンタリストDaiGoが教える"金のなる木"とは 金運が上がる方法はコレ

【金運がアップ】メンタリストDaiGoが教える"金のなる木"とは 金運が上がる方法はコレ

運は不平等なものだと思われがちですが、大きな果実を手にした人、落とし穴に落ちた人の間に訪れていたチャンスの数は同じで、気づいて行動に移せたか、移せなかったかの違いだけが結果を左右しているのです。【解説】メンタリストDaiGo


金運も仕事運も【運が良くなる方法】メンタリストDaiGo流 "幸運の種まき" とは

金運も仕事運も【運が良くなる方法】メンタリストDaiGo流 "幸運の種まき" とは

運は何も支配しておらず、確率もチャンスも平等に与えられています。違いを生むのは、本人の積み重ねてきた努力と、勝負どころを見分ける経験なのです。世界最先端の研究をもとに、幸運を手に入れるための科学的な方法を解き明かした最新刊『運は操れる』より、運を操るメソッドをお伝えします。【解説】メンタリストDaiGo


メンタリストDaiGo直伝【運が良くなる生き方】瀬戸際で勝つ人・負ける人はコレが違う

メンタリストDaiGo直伝【運が良くなる生き方】瀬戸際で勝つ人・負ける人はコレが違う

ギャンブルの勝ち負けは、勝負どころを見極められるかどうかにかかっています。つまり、不安を遠ざけ、冷静に場を見極めることが、余裕を生み出す準備になります。世界最先端の研究をもとに、幸運を手に入れるための科学的な方法を解き明かした最新刊『運は操れる』より、運を操るメソッドをお伝えします。【解説】メンタリストDaiGo


【メンタリストDaiGo】松下幸之助が面接で「あなたは運がいいですか?」と聞いた理由

【メンタリストDaiGo】松下幸之助が面接で「あなたは運がいいですか?」と聞いた理由

パナソニックの創業者である松下幸之助が持っていた、運に対する感覚の正しさは、2000年代以降に行われたいくつもの心理学の実験によって証明されています。世界最先端の研究をもとに、幸運を手に入れるための科学的な方法を解き明かした書籍『運は操れる』より、運を操る力を伸ばすメソッドをお伝えします。【解説】メンタリストDaiGo


【首が痛い!】は頸椎症の入り口 対策は超簡単「首伸ばし」体操 医師が解説

【首が痛い!】は頸椎症の入り口 対策は超簡単「首伸ばし」体操 医師が解説

ほとんどの人が病気とは思っていないようですが、私は、首や肩のこりは、れっきとした病気と捉えています。というのも、首の骨の代表的な病気である頸椎症の入り口だからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長)


【痛い!歩けない!】腰部脊柱管狭窄症の間欠性跛行 痛みやしびれに「このポーズ」

【痛い!歩けない!】腰部脊柱管狭窄症の間欠性跛行 痛みやしびれに「このポーズ」

脊柱管狭窄症が進行した場合、足腰の痛みやしびれの症状が出て、歩き続けることができなくなります。それでも、しばらく休めば、再び歩けるようになります。これが間欠性跛行という、この病気に最も特徴的な症状です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長・整形外科医・カイロプラクター)


【名医】脊柱管狭窄症の患者が続々改善!手術を回避「ひざ抱え体操」のやり方

【名医】脊柱管狭窄症の患者が続々改善!手術を回避「ひざ抱え体操」のやり方

脊柱管狭窄症の患者さんたちに、私が必ず勧めているのが、ひざを抱えて腰を丸める「ひざ抱え体操」です。脊柱管狭窄症の患者さんに共通しているのは、悪い姿勢です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長・整形外科医・カイロプラクター)


【裏ワザも】脊柱管狭窄症の間欠性跛行とは?原因と治療法、リハビリについて

【裏ワザも】脊柱管狭窄症の間欠性跛行とは?原因と治療法、リハビリについて

脊柱管狭窄症の最も特徴的な症状は「間欠性跛行」です。多くの人が悩まされる症状です。それを踏まえたうえで、ふだんの生活において、注意すべきポイントがあります。ここでは、脊柱管狭窄症の症状を少しでも楽にさせるための「日常生活の裏ワザ」を紹介します。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長・整形外科医・カイロプラクター)


脊柱管狭窄症の【簡単体操】腰が痛い!痺れる!がその場で和らぐ対処法はコレ

脊柱管狭窄症の【簡単体操】腰が痛い!痺れる!がその場で和らぐ対処法はコレ

脊柱管狭窄症のつらい痛み。「整形外科で治療を受けてもよくならない」「マッサージや鍼灸も効果がない」…そんな皆さんに、脊柱管狭窄症の痛みやしびれを、劇的に改善する体操を紹介します。ぜひお試しください。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長・整形外科医・カイロプラクター)