記事総数:418

公開済みの健康情報


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【糖質制限ダイエット】極端はNG 「よく噛む」だけで糖質は減らせる 卑弥呼は3990回噛んでいた!

【糖質制限ダイエット】極端はNG 「よく噛む」だけで糖質は減らせる 卑弥呼は3990回噛んでいた!

私のクリニックにはダイエット外来があります。肥満に悩んでいる人を見てみると、ご飯、パン、麺類などの糖質を食べすぎている場合がほとんどです。私は、糖質は食べすぎを防ぎ、「適量」を食べるのが望ましいと考えています。そこで私が勧めているのは、「よくかむ」ことです。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


【食後高血糖を予防】毎日血糖値を記録してわかった「糖質の安全な食べ方・危険な食べ方」

【食後高血糖を予防】毎日血糖値を記録してわかった「糖質の安全な食べ方・危険な食べ方」

私は血糖値ダイアリーをつけています。以前の私は、食後に頭がぼんやりしたり、だるくなったり、仕事の合間に仮眠をとることもしょっちゅうでした。食後高血糖を疑い、食後の血糖値を測ってみました。すると、300mg/dlを超えることもあるなど、重度の糖尿病並みの数値でした。【解説】松宮詩衣(天現寺ソラリアクリニック院長)


【糖質制限ダイエット】寿司と日本酒はOK?血糖値コントロール日記を医師が解説

【糖質制限ダイエット】寿司と日本酒はOK?血糖値コントロール日記を医師が解説

私はもともと、忙しければ食べなくても平気なタイプ。「おやつで最低限のカロリーを取れば、体は動くし」と、空腹になればお菓子をつまむ、医者失格な食生活だった。ここでは医師である私が、体当たり調査してつけた「血糖値ダイアリー」と「体にいい糖質の食べ方」をお見せします。【解説】松宮詩衣(天現寺ソラリアクリニック院長)


【血糖値スパイク予防レシピ】糖質制限に必要な栄養素はバッチリ 手間なし作り置きおかず

【血糖値スパイク予防レシピ】糖質制限に必要な栄養素はバッチリ 手間なし作り置きおかず

適量の糖質を食べながら、たんぱく質と食物繊維を取れば、血糖値スパイクを防止でき、健康効果が高まります。そこで、手間なくできて冷蔵庫にストックしておける、たんぱく質と食物繊維の作り置きレシピを紹介します。作り置きレシピをうまく活用して、心も体も元気に毎日を送りましょう。【監修】斎藤糧三(医師)


「糖質制限」で不調になった?失敗原因は「減らしすぎ」と「栄養不足」

「糖質制限」で不調になった?失敗原因は「減らしすぎ」と「栄養不足」

糖質を減らしても、肉、魚、卵、大豆などのたんぱく質と、海藻やきのこなどの食物繊維は、たくさん食べてだいじょうぶです。たんぱく質や食物繊維を積極的に取れば、糖質への過剰な欲求を抑えたり、腸内環境が悪くなったりするのを防げます。【解説】斎藤糧三(医師)


【食後高血糖の対策】糖質は1食あたり40gが必要!「チョイ減らし」6大健康効果

【食後高血糖の対策】糖質は1食あたり40gが必要!「チョイ減らし」6大健康効果

健康な人であれば、糖質の摂取量を1日120g、1食あたり40gにすれば、食後の高血糖を防ぎながら、体に負担をかけることなく、必要な糖質を補うことができます。まずはご飯を3分の1だけ減らす「糖質チョイ減らし」から始めるとよいでしょう。【解説】斎藤糧三(医師)


【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

ここ数年、「糖質制限」や「糖質オフ」といった、糖質を減らす健康法が注目されています。私の専門の1つは、栄養面から生活習慣病や慢性病に働きかける、栄養療法です。栄養療法から見ても、食事から取る糖質を適切に減らすことは、健康であり続けるために重要です。【解説】斎藤糧三(医師)


【体験談】目の周りの乾燥がしっとり若返りかゆみが消失「骨スープ」で腸内環境が改善した

【体験談】目の周りの乾燥がしっとり若返りかゆみが消失「骨スープ」で腸内環境が改善した

骨スープを飲む前は、目の周りが乾燥してかゆくなり無意識にゴシゴシかいていました。それがある日友人から「最近、目をかかなくなったわね」といわれて、ハッとしました。気づけば肌はしっとり潤い、目の周りのかゆみが消えていたのです。肌ツヤもよくなり、高価な保湿クリームや美容液は不要になりました。【体験談】鈴木恵子(68歳・主婦)


息子のアトピーが改善!「骨スープ」で夫のシミと私のほうれい線も消えた

息子のアトピーが改善!「骨スープ」で夫のシミと私のほうれい線も消えた

現在30代の息子は、20代前半から顔に赤いブツブツが出始め、皮膚科でアトピー性皮膚炎と診断されました。ステロイドの塗り薬を処方されましたが、よくなったり悪くなったりをくり返していました。数年すると全身にアトピーが広がり、肌がジュクジュクしてかゆみもひどくなりました。【体験談】野村敦子(仮名・67歳・主婦)


【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

「骨スープ」とは、肉や魚を骨ごと煮込んだスープのこと。最近では「飲む万能薬」と呼ばれて話題です。骨には、アミノ酸やコラーゲン、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。そして、じっくり煮出すことで、かたくて食べられない骨の栄養素が、スープに溶け出るのです。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【腸もれ・アレルギー】を改善する「骨スープ」滋味レシピ(その3)

【腸もれ・アレルギー】を改善する「骨スープ」滋味レシピ(その3)

肉や魚などを骨ごと煮込んで作る「骨スープ」。骨スープは、腸の炎症の改善に効果的です。炎症が治まれば消化・吸収能力が回復し、免疫力もアップします。さまざまな病気の予防・改善につながります。皆さんもぜひ、腸を元気にする骨スープをお試しください【監修】桑島靖子(桑島内科医院副院長)【料理】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【腸もれ・アレルギー】を改善する「骨スープ」滋味レシピ(その2)

【腸もれ・アレルギー】を改善する「骨スープ」滋味レシピ(その2)

肉や魚などを骨ごと煮込んで作る「骨スープ」。骨スープは、腸の炎症の改善に効果的です。炎症が治まれば消化・吸収能力が回復し、免疫力もアップします。さまざまな病気の予防・改善につながります。皆さんもぜひ、腸を元気にする骨スープをお試しください【監修】桑島靖子(桑島内科医院副院長)【料理】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【腸もれ・アレルギー】を改善する「骨スープ」滋味レシピ(その1)

【腸もれ・アレルギー】を改善する「骨スープ」滋味レシピ(その1)

肉や魚などを骨ごと煮込んで作る「骨スープ」。骨スープは、腸の炎症の改善に効果的です。炎症が治まれば消化・吸収能力が回復し、免疫力もアップします。さまざまな病気の予防・改善につながります。皆さんもぜひ、腸を元気にする骨スープをお試しください【監修】桑島靖子(桑島内科医院副院長)【料理】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【体験談】事故の後遺症で痛む足首が「足の裏しぼり」で改善 慢性腰痛が楽になった

【体験談】事故の後遺症で痛む足首が「足の裏しぼり」で改善 慢性腰痛が楽になった

私がバイク事故に遭ったのは、今から1年半ほど前のことです。突然飛び出してきた車を避けようとして横転し、そのときに左足を強打しました。病院ですぐに診てもらったところ、左足首の骨挫傷とのこと。痛みがひどく、くるぶしがわからなくなるほど患部が紫色に腫れ上がっていました。【体験談】一瀬尚哉(33歳・会社員)


【ひざ痛を改善】扁平足の足裏アーチが復活する「足の裏しぼり」で股関節痛、外反母趾も撃退

【ひざ痛を改善】扁平足の足裏アーチが復活する「足の裏しぼり」で股関節痛、外反母趾も撃退

「腰が重くてイスから立ち上がるのがつらい」「ひざが痛くて長距離を歩けない」「足先がよくしびれる」といった症状にお困りのかたはいませんか。あなたのその痛みやしびれの原因は、「足の裏」にあるのかもしれません。【解説】根津憲継(BiNIリハビリセンター横浜・理学療法士)


【体験談】夜間頻尿に効く足裏のツボ "湧泉" の場所と押し方 朝までぐっすり熟睡

【体験談】夜間頻尿に効く足裏のツボ "湧泉" の場所と押し方 朝までぐっすり熟睡

私は5年ほど前から、夜間頻尿に悩むようになりました。夜中に尿意を催して、目覚めてしまうことが、一晩に3〜4回もあるのです。一度トイレに立つと、布団に戻ってもなかなか寝入れず、やっとウトウトするころに、また尿意が起こるというくり返しでした。【体験談】三宅千代子(仮名・70歳・主婦)