記事総数:285

公開済みの健康情報


【便秘改善】生大根ダイエットのやり方

【便秘改善】生大根ダイエットのやり方

体重が過剰な人ほど、体内に多くの老廃物をため込んでいると考えられます。生大根を食べるのは、基本的に1日1回でじゅうぶんですが、へらしたい体重が5〜6kgの人は2回、7kg以上の人は3回にふやしてください。1度に食べる量ではなく、1日に食べる回数をふやすのがポイントです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


【ダイエット】3日で便秘改善効果を実感!生大根で「出せる」体になって痩せた!

【ダイエット】3日で便秘改善効果を実感!生大根で「出せる」体になって痩せた!

多くのかたのダイエット相談を受ける中で、私はあることに気がつきました。おしっこやうんちなどの老廃物を体にため込んでいる人はやせにくく、体型もどんどん悪くなってしまう、ということです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


足の横が痛い【外反母趾とは】痛みが改善する治し方 足のアーチを回復で開張足も治る

足の横が痛い【外反母趾とは】痛みが改善する治し方 足のアーチを回復で開張足も治る

足のアーチは、親指側と小指側にある2つの縦のアーチと、親指のつけ根から小指のつけ根までを結ぶ横のアーチの3本です。このうち、外反母趾で特に問題となるのは「横アーチ」です。外反母趾の人は例外なく、横アーチが崩れているのです。【解説】古屋達司(外反母趾研究所代表)


外反母趾を改善する「ゆりかご歩き」のやり方とは?巻き爪や魚の目も解消!

外反母趾を改善する「ゆりかご歩き」のやり方とは?巻き爪や魚の目も解消!

歩きたくても、外反母趾の痛みで満足に歩けないという人が少なくありません。特に40~60代の女性に多く見られます。外反母趾とは、足の親指が小指側に曲がって変形していく症状です。進行すると痛みを伴うことが多く、巻き爪、タコやウオノメなどもできやすくなります。【解説】古屋達司(外反母趾研究所代表)


【変形性膝関節症】有効率100%!膝の内側の痛みが改善する「母趾球歩き」

【変形性膝関節症】有効率100%!膝の内側の痛みが改善する「母趾球歩き」

私は、自らの闘病体験を通して「母趾球歩き」という歩き方を考案しました。そして、この歩き方に、30代半ば以上の女性、そして40代以上の男性に見られる、ひざの内側が痛む関節症を直す効果があることを確認しました。【解説】田中瑞雄(整形外科専門医)


足がつる【こむら返り】は病気のサイン 脳梗塞や糖尿病の前兆かも 原因はマグネシウム不足

足がつる【こむら返り】は病気のサイン 脳梗塞や糖尿病の前兆かも 原因はマグネシウム不足

こむら返りは、2〜3秒から数分間、ふくらはぎの筋肉が収縮して起こります。運動中に起こることもあれば、就寝中に起こることもあり、時に激烈な痛みを伴います。まず、どうしてこむら返りが起こるのでしょうか。その原因は、実は7〜8割以上はマグネシウム不足です。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)


足がだるい【ふくらはぎのむくみ】病気の可能性 慢性静脈不全の初期症状と対策

足がだるい【ふくらはぎのむくみ】病気の可能性 慢性静脈不全の初期症状と対策

人間は立って二足歩行を始めたことで、大容量の脳を獲得し、大きく進化することができました。その一方で、体には大きな負担がかかるようになったのです。その一つが、重い脳を支えるためにかかる背骨などへの負担。そして、もう一つが血流の問題です。【解説】星野俊一(福島県立医科大学名誉教授・日本静脈学会名誉会長)


【手もみの効果】子どものアトピーのかゆみがピタリと治まった 不登校や多動の症状も落ち着く

【手もみの効果】子どものアトピーのかゆみがピタリと治まった 不登校や多動の症状も落ち着く

私が患者さんたちに勧めている家庭療法の1つが、手のひらをもむことです。難治性のアトピー性皮膚炎が劇的に改善した例もあります。手もみ気功は、不登校や多動など、心の不調や問題行動を抱える子どもにも試してみてください。自律神経が整い、気持ちや症状が落ち着いてくるでしょう。【解説】水嶋丈雄(水嶋クリニック院長)


【歯科医】30年来の不眠症が治った!過緊張対策にもお勧め「小指もみ」のやり方

【歯科医】30年来の不眠症が治った!過緊張対策にもお勧め「小指もみ」のやり方

過緊張に特に効果があるのは小指への刺激です。小指の指先を刺激すると、自律神経の副交感神経が優位になって緊張がゆるみます。また全身の血流がよくなるので、足の先まで温かくなります。この小指刺激は過緊張だけでなく不眠、うつ、頭痛などにも効果があります。【解説】七沢久子(山梨県歯科衛生専門学校校長・七沢歯科医院院長)


【ちょっとしたコツ】黒ニンニクの作り方 臭い対策は「酢に漬けること」

【ちょっとしたコツ】黒ニンニクの作り方 臭い対策は「酢に漬けること」

私が黒ニンニクを作ろうと思ったのは、2012年の春先のことです。その何年か前に、隣町の企業が異業種参入して黒ニンニクの製造を始め、このあたりでもちょっとしたブームになりました。私も初めて黒ニンニクを食べましたが、ニンニクとは思えないおいしさでした。【解説】高井治成さん(71歳 農業 岐阜県)


【黒にんにくの作り方】薬効が高い "黒ニンニク" の効果 炊飯器があれば自宅で作れる

【黒にんにくの作り方】薬効が高い "黒ニンニク" の効果 炊飯器があれば自宅で作れる

甘酸っぱくてプルーンのような、フルーツのような黒ニンニク。白いニンニクからは想像もできない味わいです。しかも、薬効は生のニンニクよりはるかに高い。そんな黒ニンニクが、生のニンニクと炊飯器があれば自宅で作れるとあって、今、全国でブームになっています。【監修】佐々木甚一(弘前医療福祉大学教授)


【黒ニンニクの効能と作り方】抗酸化力は28倍!高血圧や糖尿病、狭心症にも効果

【黒ニンニクの効能と作り方】抗酸化力は28倍!高血圧や糖尿病、狭心症にも効果

報道によると、往年の名俳優、宝田明さんは、59歳のときに狭心症で倒れて一命をとりとめたそうです。その宝田さんが健康のために食べているのが黒ニンニク。80歳になる今も、狭心症が再発することなく、むしろパワーがみなぎっているそうです。【解説】佐々木甚一(弘前医療福祉大学教授)


【麹納豆のすごいパワー】血液も腸も肌もきれいに 高血圧や脳梗塞、骨粗鬆症に有効

【麹納豆のすごいパワー】血液も腸も肌もきれいに 高血圧や脳梗塞、骨粗鬆症に有効

私が、納豆の中に血栓(血液の塊)を溶かすナットウキナーゼという酵素(体内での化学反応を促進する物質)を発見したのは、1980年のことです。それ以来、さまざまな発酵食品が持つ生理作用に関心を持ち、研究を続けてきました。【解説】須見洋行(倉敷芸術科学大学教授)


【人気1位】 "塩麹" の作り方と使い方 簡単に作れる万能調味料

【人気1位】 "塩麹" の作り方と使い方 簡単に作れる万能調味料

麹・塩・水を混ぜるだけで簡単に手作りできて、食材をなんでもおいしくしてくれる万能調味料「塩麹」。「塩麹」の作り方と使い方をご紹介します。【構成】『安心』編集部


一匙で料理が美味一変【塩麹の力】長年の便秘が治り、しっとり肌に変わった

一匙で料理が美味一変【塩麹の力】長年の便秘が治り、しっとり肌に変わった

麹とかかわるようになって7年。知れば知るほど、その奥深さと偉大さに感嘆します。麹は、日本人が知恵と経験と長い時間をかけて、今の形に作り上げたものです。食料が乏しい時代、私たちの祖先は、麹を中心とした発酵食品で栄養を補い、命をつないできました。【解説】小紺有花(麹料理研究家)


浅利妙峰さん【塩麹とは何か】米麹・塩・水だけで作れる万能調味料 減塩効果も

浅利妙峰さん【塩麹とは何か】米麹・塩・水だけで作れる万能調味料 減塩効果も

日本の食文化の根っこを支えているもの。それは、「麹」ではないでしょうか。みそもしょうゆもみりんも日本酒も、麹なしでは作れません。しかし、みそが家庭で手作りされなくなり、麹は日本人の日常からすっかり影を潜めてしまいました。そんな麹を使った調味料が、今ブームを呼んでいます。【解説】石川惠美子(ジャーナリスト)


【白澤卓二教授】塩麹のすごいパワー 免疫力を高め肥満を防ぐ 魔法の調味料「塩麹」

【白澤卓二教授】塩麹のすごいパワー 免疫力を高め肥満を防ぐ 魔法の調味料「塩麹」

日本には、伝統的な発酵食品が数多くあります。みそ、しょうゆ、酢、みりん、漬物、納豆、日本酒……。いずれも毎日の食事に欠かせないもので、日本の食文化は、こうした発酵食品に支えられていると言っても過言ではありません。【解説】白澤卓二(順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授)


【簡単ダイエット】"太学功ストレッチ" で楽に10kg痩せる人が続出 便秘も解消

【簡単ダイエット】"太学功ストレッチ" で楽に10kg痩せる人が続出 便秘も解消

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


【ダイエット・若返り効果】数十秒で汗が出る!「太学功ストレッチ」体験ルポ

【ダイエット・若返り効果】数十秒で汗が出る!「太学功ストレッチ」体験ルポ

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。すると、無用な脂肪がたまりやすくなるのです。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【体験談】あいかわももこ


【老眼改善!飛蚊症、ドライアイまで解消】中高年者には眼球運動の視覚トレがお勧め

【老眼改善!飛蚊症、ドライアイまで解消】中高年者には眼球運動の視覚トレがお勧め

50歳を過ぎると、「新聞や本の文字が読みにくい」「夕方になるとぼやけて見えにくい」といった、眼の見え方に不調を抱える人が多いでしょう。眼だけでなく、物忘れが増えてきたり、家事や外出がおっくうになったりと、さまざまな場面で老化を感じる機会が多くなってきます。【解説】北出勝也(米国オプトメトリスト)