記事総数:7

公開済みの健康情報


突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

突然死を招く「冬だけ高血圧」に要注意!今すぐできる対策とは

冬や春先は、血圧の高い人にとって、危険な季節です。寒いと血圧が上がりやすくなるからです。ふだんは血圧が正常でも「冬だけ高血圧」の人もいます。血圧の高い人は、冬の運動など急激な変化にも注意が必要です。具体的な対策をご紹介しましょう。【監修】高沢謙二(東京医科大学八王子医療センター病院長・同大学循環器内科教授)


後遺症ほぼゼロ【頸椎の低侵襲手術】ってどんな手術?

後遺症ほぼゼロ【頸椎の低侵襲手術】ってどんな手術?

「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石 健(東京歯科大学市川総合病院 整形外科教授)【取材】山本 太郎(医療ジャーナリスト)


【アレルギー治療への大発見】ぜんそく悪化の原因は腸にある!

【アレルギー治療への大発見】ぜんそく悪化の原因は腸にある!

腸内細菌のバランスがくずれると、アレルギーを起こしやすくなることは、以前からいわれてきましたが、科学的に裏づけされた事実ではありませんでした。近年の研究技術の進展によって、解明されつつあります。今回、私が皆さんにご紹介する研究も、その成果の一つといっていいものです。【解説】渋谷 彰(筑波大学医学医療系教授)


【便移植とは?】個性は細菌がつくる!?人体に影響を与える「マイクロバイオーム」について

【便移植とは?】個性は細菌がつくる!?人体に影響を与える「マイクロバイオーム」について

人体に生息する無数の微生物集団(細菌叢)=マイクロバイオームが人体に多大な影響を及ぼしていることがわかってきました。その一つに消化・吸収があります。また、リンパ球をふやし免疫力を高める働きのほか、炎症をおさえる働きを持つ制御性T細胞を活性化する作用も示唆されています。【解説】岡本 裕(e-クリニック医師 )


1日17品を食べ歩いても太らない!ヨネスケさんは【ヨーグルト漬物】で絶好腸

1日17品を食べ歩いても太らない!ヨネスケさんは【ヨーグルト漬物】で絶好腸

私は、子供のころから病気知らずで、学校や仕事を休んだことがほとんどありません。そんな私でも、一つだけ弱いところがありました。それは、腸です。ヨーグルトを頻繁にとるようになってから、下痢はもちろん、便秘もしなくなりました。【体験談】ヨネスケさん(落語家・タレント)


難聴が回復!【水飲み療法】は突発性難聴で聴力を失いかけた私の危機を救った

難聴が回復!【水飲み療法】は突発性難聴で聴力を失いかけた私の危機を救った

私は、1998年に突発性難聴により左耳の聴力を失ってしまいました。2010年、難病指定の「遅発性内リンパ水腫」を発症。両耳の聴力を失うかもしれない絶望の中、「ハリ治療で難聴が治るらしいよ」というある友人の言葉を思い出しました。同時に私が実行したのは、水を飲むことでした。【体験談】上海在住●48歳●会社役員 吉野壽人


【朝の血糖値を下げる!】夕食後の「気功スクワット」

【朝の血糖値を下げる!】夕食後の「気功スクワット」

私が患者さんにお勧めしているのは、家の中で簡単に行うことができる「気功スクワット」です。夕食後に気功スクワットを行っておくと、血液中のブドウ糖が消費され、朝には血糖値が下がります。気功スクワットのやり方を説明しましょう。【解説】梶山靜夫(梶山内科クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング