記事総数:334

公開済みの健康情報


緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

緑茶コーヒーのダイエット効果 やせる作り方・飲み方【工藤内科・工藤孝文解説】

私は当院のダイエット外来の患者さんに「緑茶コーヒーダイエット」を勧めています。なぜ「緑茶とコーヒーを合わせて飲む」といいのか、なぜ驚くほどのダイエット効果があるのか、その理由を解説しましょう。また、緑茶コーヒーの作り方・痩せるためのポイントや飲む際の注意点もご紹介します。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【脚が痩せない原因は?】1週間で効果を実感する美脚ダイエット4選

【脚が痩せない原因は?】1週間で効果を実感する美脚ダイエット4選

ダイエットをしても、なかなか痩せない「足」。足は、体重を落としても痩せにくい部分の一つでしょう。「同じ体重なのに人によって足の太さが違うのはなぜ?」「何をやっても足が痩せない!」と嘆いている読者の皆様のために、編集部が4種類の美脚作りの方法をピックアップしました。【構成】ケンカツ!編集部


【ダイエット】お金をかけず楽して痩せる!簡単お手軽ダイエット5選

【ダイエット】お金をかけず楽して痩せる!簡単お手軽ダイエット5選

「今すぐ痩せたい!」でも、忙しすぎてなかなかダイエットを始められない…そんなダイエッターさんのために、ケンカツ!編集部が簡単で、初期投資ゼロで、かつ、今すぐ始められるダイエット法をピックアップ!「この夏なんだか太ってしまった」という方も、今のうちに夏の負債(脂肪)を返済してしまいましょう。【構成】ケンカツ!編集部


【オクラ水が効果】飲み続けたらどんな変化があった?(7名の体験談)

【オクラ水が効果】飲み続けたらどんな変化があった?(7名の体験談)

血流改善に効果を発揮する「オクラ水」。実際に、オクラ水を実践してみてどのような健康効果があったのか気になるところですよね。ここでは、当サイト『ケンカツ!』にあるオクラ水を飲み続けて体調に変化があった7名の体験談をまとめてみました。【記事構成】ケンカツ!編集部


【酢みそ汁の効果】味噌汁に酢を入れると痩せる!酢キャベツ入りで若返る!

【酢みそ汁の効果】味噌汁に酢を入れると痩せる!酢キャベツ入りで若返る!

私がテレビ番組で紹介し、実際に常食している「酢キャベツ味噌汁」を紹介しましょう。酢キャベツをそのまま食べるのに飽きてしまい「味噌」に入れてみたのです。味噌は良質の発酵食品であり善玉菌の塊です。味噌汁に酢キャベツを加えれば、これ以上の腸内環境改善食はありません。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【浅田真央・石川佳純】アスリートとして大切にしたい「睡眠の質」

【浅田真央・石川佳純】アスリートとして大切にしたい「睡眠の質」

寝具メーカーのエアウィーヴが新作発表会を開催し、浅田真央さん(フィギュアスケート)・石川佳純さん(卓球)がゲストとして登場。今月25日に28歳の誕生日を迎える浅田真央さんは和装、石川佳純さんは洋装で登場した。二人のアスリートが大切にしているのは食べること、そして「睡眠」なのだという。【取材】ケンカツ!編集部


短期間でウエスト10センチ減!お腹周り集中ダイエットおすすめ5選

短期間でウエスト10センチ減!お腹周り集中ダイエットおすすめ5選

頑固な便秘によるポッコリ下腹や、浮き輪をつけたようなお腹周りの脂肪とたるみ…くびれのないウエストにため息をついていませんか?苦しい筋トレや厳しい食事制限なしで驚くほど簡単にお腹周りをスッキリさせる方法があります!下腹が確実に「10cm」細くなる最強ダイエットBEST5をピックアップ!【構成】ケンカツ!編集部


3ヵ月で-10kg!確実にやせる賢者のダイエット5選

3ヵ月で-10kg!確実にやせる賢者のダイエット5選

なかなか痩せない、続かない。そんなダイエットの失敗は「自分に合ったダイエット法」が見つかっていないから。今回は、日頃ダイエットを指導する立場にある 医師や専門家が自ら実践する、安全で続けやすく、確実性の高いダイエット法をご紹介します。食事、運動、ツボで自分に合う方法を見つけましょう!【構成】ケンカツ!編集部


更年期の高血圧【夫源病(ふげんびょう)】の可能性 最大原因は「夫へのストレス」

更年期の高血圧【夫源病(ふげんびょう)】の可能性 最大原因は「夫へのストレス」

女性の場合、50歳以降に起こる体調不良を、世間一般では更年期と呼びます。しかし私は、定年を迎えた夫が家にいることによるストレスが原因ではないかと考えています。これを、夫源病といいます。読み方は「ふげんびょう」です。上沼恵美子さんの告白で話題になりました。【解説】石蔵文信(大阪大学人間科学研究科未来共創センター招聘教授)


【ガサガサかかとの予防・対策】糖尿病になったらひび割れ・あかぎれに要注意

【ガサガサかかとの予防・対策】糖尿病になったらひび割れ・あかぎれに要注意

足は意外と乾燥しやすいところです。足裏が乾燥すると、かかとや指先を中心に角質層が異常に厚くなります。これを「角質肥厚(角化)」といいます。この角化が進むと足裏はさらに乾燥しやすくなり、ひび割れやあかぎれといった皮膚の亀裂を生じやすくなります。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【水虫の種類】かゆくない水虫もある! 市販薬「スイッチOTC」は効果ある?

【水虫の種類】かゆくない水虫もある! 市販薬「スイッチOTC」は効果ある?

水虫は、白癬という真菌(カビ)が足の角質層に寄生して起こる皮膚の感染症です。ひと言で水虫といっても、ジュクジュクするもの、ガサガサになるもの、皮がむけるもの、かゆいもの、かゆくないものと、いろいろです。その症状に応じて、3つのタイプに分かれます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【魚の目とタコの違い】痛い足トラブルの予防と対処法 自分での処置はNG!

【魚の目とタコの違い】痛い足トラブルの予防と対処法 自分での処置はNG!

足の皮膚にトラブルで多いのは、なんといっても水虫(白癬)と、タコ・ウオノメです。水虫は白癬菌という菌による感染症ですから治療が必要です。一方、タコ・ウオノメは日常的には困りませんが、靴に当たって痛い場合にはやはり治療が必要になります。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【二枚爪・緑色爪】爪の縦線は老化?身近な爪トラブルの原因とセルフケア

【二枚爪・緑色爪】爪の縦線は老化?身近な爪トラブルの原因とセルフケア

病気とはいえないまでも、日常的によく見かける爪のトラブルがあります。そのなかには、生理的な変化によって起こるものや、常在菌による日和見感染を起こしているものなどがあります。心配ないものと対処が必要なものがありますが、代表的なものを簡単に紹介します。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


爪の水虫【爪白癬(つめはくせん)とは】完治が大事!内服薬で再発予防

爪の水虫【爪白癬(つめはくせん)とは】完治が大事!内服薬で再発予防

爪白癬は、爪の水虫です。日本人の10人に1人は爪白癬を持っているといわれるほど多い病気です。水虫は白癬菌という真菌(カビ)による感染で、皮膚の水虫(足水虫)がひどくなると爪にも感染し、爪白癬になります。爪白癬のある人は、ほとんどが足水虫を合併しています。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


足の爪が厚くなる肥厚爪とは 原因は深爪・水虫そしてギリシャ型の足

足の爪が厚くなる肥厚爪とは 原因は深爪・水虫そしてギリシャ型の足

肥厚爪(ひこうそう)は、その名のとおり爪が厚くなる病変で、2つのタイプがあります。1つは「厚硬爪甲(こうこうそうこう)」といって、爪が上に重なって厚くなっていくもの。もう1つは「爪甲下角質増殖」といって、爪の下の角質が増殖して厚くなるものです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


痛みを伴う「巻き爪・陥入爪」の応急処置と矯正治療

痛みを伴う「巻き爪・陥入爪」の応急処置と矯正治療

巻き爪・陥入爪になって痛みや炎症があるときは「テーピング法」や「コットンパッキング法」といったフットケアが有効です。また、医療機関で行う治療法として、手術をせずに、爪の形を矯正するものもあります。ここでは主なものを4つご紹介します。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


足の爪の変形「巻き爪・陥入爪」の原因と対策

足の爪の変形「巻き爪・陥入爪」の原因と対策

爪のトラブルで一番多いのが巻き爪です。名前のとおり、爪の端が巻いてアルファベットの「C」のように内側に巻き込んだり、ホチキスの針のように直角に折れ曲がったりします。陥入爪は、爪が皮膚に食い込んで炎症を起こしている状態です。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


ばち指・スプーンネイル・爪甲剥離症 爪の状態でわかる体の病気

ばち指・スプーンネイル・爪甲剥離症 爪の状態でわかる体の病気

「爪は健康のバロメーター」などと、よくいわれますが、爪は体の病気を知らせるサインになるのです。例えば「ばち指」は、血液循環の障害を示しており、肺の病気や心臓疾患の疑いがあります。爪の状態のチェックリストをぜひご活用ください。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


小さくても大事!足の爪の構造と4つの役割 多いトラブルは「巻き爪」

小さくても大事!足の爪の構造と4つの役割 多いトラブルは「巻き爪」

爪は、皮膚の一番外側にある角質層が、ケラチンというたんぱく質に変わったものです。つまり、表皮の角質層が変化したものが、爪です。私たちが「爪」と呼んでいるところは、「爪甲(そうこう)」といいます。爪病変は多い順に、巻き爪、陥入爪、爪白癬(爪水虫)、肥厚爪となります。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【ハンマートゥとは】足指が“く”の字に曲がり痛む 対策は進行させないこと

【ハンマートゥとは】足指が“く”の字に曲がり痛む 対策は進行させないこと

第1指以外の足の指の関節が「くの字」に屈曲して拘縮したものがハンマートゥです。つま先がハンマー(かなづち)のように曲がるのでこの名がつきました。原因は、歩き方や立ち方の悪いくせが積み重なったものです。ハイヒールやサイズの合わない靴が、症状を悪化させます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)