記事総数:412

公開済みの健康情報


【便秘解消】翌日に出た!「納豆スープ」を飲んだらガサガサ肌もツルツルに!

【便秘解消】翌日に出た!「納豆スープ」を飲んだらガサガサ肌もツルツルに!

最近食べ始めたのが、「納豆スープ」です。更年期には女性ホルモン様の作用がある大豆イソフラボンがいいと聞いていましたし、もともと納豆は好きで冷蔵庫にいつもありました。そういうこともあって、軽い気持ちで始めたのです。驚いたのは、始めた翌日から便秘が解消したことです。【体験談】佐々木美奈(40歳・主婦・北海道)


【血栓を溶かす効果】納豆で「網膜血管閉塞症」が改善し眼底出血が止まった!0.01から1.5に視力回復

【血栓を溶かす効果】納豆で「網膜血管閉塞症」が改善し眼底出血が止まった!0.01から1.5に視力回復

目の血流が悪化すると、疲れ目・モヤモヤ感・チラつきなどの症状が現れやすくなります。特に、網膜の近くで血流のトラブルが起これば、突然ものが見えなくなるなど、重い症状が生じることもあります。網膜の血管が詰まる病気を、「網膜血管閉塞症」といいます。【解説】玉井嗣彦(鳥取大学名誉教授・日野病院名誉病院長)


【ダイエット・美肌】に効果のある「納豆スープ」の作り方

【ダイエット・美肌】に効果のある「納豆スープ」の作り方

納豆はみそ汁に入れてもスープにしても、美肌効果のあるビタミンB群や女性ホルモンのバランスを整えるイソフラボンなどの効果は維持されます。ただし、血栓を溶かす作用のある酵素のナットウキナーゼは熱に弱いため、ナットウキナーゼの効果を生かしたい場合は70℃以下にするようにしてください。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


【ストレス対策】「男脳」と「女脳」でこんなに違う!1万人の脳波解析から判明!

【ストレス対策】「男脳」と「女脳」でこんなに違う!1万人の脳波解析から判明!

人間のあらゆる生命活動は、脳のホルモンから出される電気信号によって制御されています。「脳波」を見ることで人の心が読めるのではないかという仮説のもと18年前から脳波の研究を行ってきました。そして人間の感情をその場で数値化する「感性アナライザ」の開発に成功しました。【解説】満倉靖恵(慶應義塾大学理工学部准教授)


【対人恐怖症、自閉症】症状が改善する食事療法 やめると良い食品とは?

【対人恐怖症、自閉症】症状が改善する食事療法 やめると良い食品とは?

私のクリニックでは、本人に思い当たる原因はないけれど、脳機能のトラブルが疑われる患者さんに、食事の指導を行っています。生活に合わせて、白砂糖や加工食品などを控えていただくよう指導しますが、中でも最初にやめていただく、2つの食品が「パン」と「牛乳」です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【アマニ油と卵の効果】脳を活性化する食品と判明 クルミ1つかみで記憶力が改善

【アマニ油と卵の効果】脳を活性化する食品と判明 クルミ1つかみで記憶力が改善

脳の働きを改善する栄養素「オメガ3系脂肪酸」は、健康科学の最先端研究機関であるNIH(米国国立衛生研究所)「高齢者の認知機能の低下を改善する」「気分障害の治療の基礎となる」と推奨しています。「コリン」もまた、NIH推奨の栄養素です。【解説】久保田競(京都大学名誉教授・脳科学者)


【いびきの原因】口呼吸・睡眠時無呼吸症候群を改善するセルフケア「片鼻呼吸と口テープ」

【いびきの原因】口呼吸・睡眠時無呼吸症候群を改善するセルフケア「片鼻呼吸と口テープ」

いびきをかいて寝て「よく寝たはずなのに日中眠い」「頭がぼーっとして集中できない」といった脳疲労の自覚がある人は、睡眠時無呼吸症候群かもしれません。やせている女性にも起こります。高血圧や心筋梗塞、脳卒中、糖尿病などの合併症を招くことがあります。【解説】白濱龍太郎(RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック院長) 


【寝つきを良くする方法】寝る2時間前にお風呂に入ると熟睡感がアップする!

【寝つきを良くする方法】寝る2時間前にお風呂に入ると熟睡感がアップする!

日本人の1日の平均睡眠時間は6時間未満が約4割で、世界的にみても睡眠時間が短いと言われています。短時間睡眠は、健康状態を悪化させたり日中のパフォーマンスを下げたりするとわかっています。深刻なのは「睡眠時間が足りていない」自覚がないことです。【解説】中村真樹(青山・表参道睡眠ストレスクリニック院長)


ゴールデンタイム、7時間睡眠、90分サイクル…不眠の原因はこの「こだわり」だった

ゴールデンタイム、7時間睡眠、90分サイクル…不眠の原因はこの「こだわり」だった

「眠れない」と訴える人が多いですが、治療が必要な人は7%程度と言われています。中途覚醒や入眠が困難な状態が週に3回以上、それが3カ月以上続き、日中の仕事などに支障をきたす場合は治療が必要です。一方で睡眠自体に不安を持っている人も多く眠りへのこだわりが不眠の原因になっているのです。【解説】櫻井武(筑波大学医学医療系教授)


夫の糖尿病対策に作る食事【玉ねぎスープ】の 作り方(中島香里さん=素肌美研究家)

夫の糖尿病対策に作る食事【玉ねぎスープ】の 作り方(中島香里さん=素肌美研究家)

我が家では、5年ほど前から、ほとんど毎日、タマネギを食べています。そのきっかけは、夫の糖尿病が悪化したことでした。「なんとかしなくては」と思っていた矢先、ちょうどテレビで「タマネギが血糖値の改善に役立つ」と紹介されているのを目にしたのです。【体験談】中島香里(素肌美研究家・株式会社クリスタルジェミー代表取締役)


【血糖値・血圧を下げる】「しょうが緑茶Q&A」しょうが博士が気になる疑問に答えます

【血糖値・血圧を下げる】「しょうが緑茶Q&A」しょうが博士が気になる疑問に答えます

「ショウガ緑茶」は、緑茶にすりおろしたショウガを入れて作ります。 特別な道具はいらないうえ、作るのに時間もかかりませんが、その健康効果は薬に匹敵します。高すぎる血糖値、血圧を下げて、健康に導いてくれるだけでなく、体重が落ち、シミやシワ、薄毛の改善にも役立ちます。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


【便秘改善】「ショウガ緑茶」で下剤いらず!血管年齢が10歳若返り、母の不眠も解消した

【便秘改善】「ショウガ緑茶」で下剤いらず!血管年齢が10歳若返り、母の不眠も解消した

職場の健康診断で、悪玉(LDL)コレステロール値が高いと言われるようになったのは、4年ほど前からです。1年前には200mg/dlまで上がり、薬を処方してもらったこともありました。しかし、副作用で全身に筋肉痛に似た痛みが出たので、1〜2週間で薬をやめました。【体験談】白石真紀(看護師・40歳)


血糖値が下がった!「しょうが緑茶」で血管年齢が20歳若返り髪と肌もツヤツヤ

血糖値が下がった!「しょうが緑茶」で血管年齢が20歳若返り髪と肌もツヤツヤ

血管年齢を測定してもらったのですが、私は「65歳」で実年齢プラス15歳でした。これにはショックを受けました。実は、健康には自信がなく、健康診断の検査結果も不安でした。その不安は的中し、空腹時血糖値が129mg/dlと高かったのです。【体験談】高村美佐子(仮名・主婦・50歳)


生姜の効能【血管の若返り効果】"生姜入り緑茶"で白内障を予防 歯周病 口臭対策に

生姜の効能【血管の若返り効果】"生姜入り緑茶"で白内障を予防 歯周病 口臭対策に

ショウガ緑茶を習慣づけて飲んでくれた人からは「らくにダイエットできた」「高かった血糖値や血圧が下がった」「悪玉コレステロールの値が下がった」「肌がきれいになった」「口臭や歯周病が改善した」など多彩な効果が見られました。どんな薬効が期待できるのかいくつか挙げてみましょう。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


ショウガの効能効果【血糖値・血圧を下げる飲み物】生姜と緑茶の最強ドリンクの作り方

ショウガの効能効果【血糖値・血圧を下げる飲み物】生姜と緑茶の最強ドリンクの作り方

私は20年以上、国内外のいろいろな大学で、あるいは企業と共同で、ショウガの研究を続けてきました。いわば「ショウガ博士」だと自負しています。そんな私が長年、探し求めていたものがあります。それは「ショウガのパートナー」です。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


【高血圧・糖尿病】生活習慣病を撃退する「ショウガ緑茶」の基本の作り方

【高血圧・糖尿病】生活習慣病を撃退する「ショウガ緑茶」の基本の作り方

ショウガ緑茶は、緑茶とすりおろしたショウガを混ぜるだけで作れます。ショウガと緑茶の風味と香りが味わえて、健康効果の高い作り方を紹介します。【解説】平柳要(医学博士、食品医学研究所所長)


腰痛撃退!骨や皮をまるごと食べる!栄養満点「魚の缶詰」美味レシピ

腰痛撃退!骨や皮をまるごと食べる!栄養満点「魚の缶詰」美味レシピ

「魚を骨や皮ごと食べるといい」と言われても、魚の塩焼きや煮つけでは、なかなか骨や皮までは食べにくいもの。活用したいのが「魚の缶詰」。高温高圧で調理されているため、骨も皮もホロホロとくずれるほど軟らかく、食べやすくなっています。おいしいアレンジレシピをご紹介します。【料理・レシピ】古澤靖子(料理研究家) 


【腰痛改善にサバ缶】脊柱管狭窄症 腰椎椎間板ヘルニアの症状に効果あり

【腰痛改善にサバ缶】脊柱管狭窄症 腰椎椎間板ヘルニアの症状に効果あり

腰痛の原因は加齢だけではありません。腰痛を改善するには、食事で十分な栄養をとり、骨や筋肉の衰えにブレーキをかけることが大切です。脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアも栄養不足を補うことで改善するのです。お勧めしたいのが「魚の缶詰」です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)


【脊柱管狭窄症】「仙骨の温め」で腰痛が改善!姿勢もまっすぐになり、鎮痛剤も不要になった

【脊柱管狭窄症】「仙骨の温め」で腰痛が改善!姿勢もまっすぐになり、鎮痛剤も不要になった

一昨年の夏は、職場までの10分の距離を歩くのにも、腰が痛くて5回ほど休まなければならなかったのです。整形外科に行ったところ、「脊柱管狭窄症(背骨内部の神経の通り道が狭くなり、神経が圧迫されて痛みやしびれが出る病)」と診断されました。【体験談】須藤裕子(仮名・保育士・63歳)


【やり方】温熱効果で痛みを撃退!仙骨を温める方法ベスト3

【やり方】温熱効果で痛みを撃退!仙骨を温める方法ベスト3

仙骨には、自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)のうち、リラックス状態を作り出す副交感神経が主に通っています。前述したとおり、仙骨は温熱刺激がダイレクトに伝わる部分。つまり骨だけでなく、副交感神経にも熱が伝わりやすいのです。【解説】中野朋儀(陽だまり‘はり・きゅう’治療室院長)