記事総数:176

公開済みの健康情報


【加齢臭】「くさい」と言われてショック!対策はミョウバン水と食生活改善

【加齢臭】「くさい」と言われてショック!対策はミョウバン水と食生活改善

加齢とともに人はにおいを発しやすくなります。中高年以降は、皮膚にある皮脂腺の機能が衰えたり、皮脂が酸化しやすくなったりして、いわゆる加齢臭が強くなります。高齢者特有のにおいの改善、予防のために、生活習慣の改善もお勧めです。また安全な消臭剤「ミョウバン水」の作り方もご紹介しましょう。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


割りばしトレーニングのやり方 滑舌の悪さ・モゴモゴ声を自力で治す!

割りばしトレーニングのやり方 滑舌の悪さ・モゴモゴ声を自力で治す!

そもそも話し声をよくするためには、四つの条件が必要になります。一つ目が「呼吸がしっかりしていること」。残りの三つの条件が、「舌の動き」「声帯の働き」「口の開き」が、それぞれよいことです。今回は、3種類の割りばしトレーニングをご紹介します。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


滑舌は「割りばしトレーニング」で良くなる!声が若返る方法

滑舌は「割りばしトレーニング」で良くなる!声が若返る方法

話をしていると、聞き返されることが多い。声がこもって小さい。舌が回らない。言葉につまる。声がかすれたり、しわがれたりしてきた。思わず、自分のことだとうなずかれたかたも多いのではないでしょうか。これらは、年齢を重ねると誰もが経験する、いわば声の老化現象です。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


慢性腎不全から復帰【演歌歌手・松原のぶえさん】の喉ケア術

慢性腎不全から復帰【演歌歌手・松原のぶえさん】の喉ケア術

来年で芸能生活40年を迎える私ですが、「もう歌手生命は終わりだな」と覚悟したことがありました。原因は、慢性腎不全です。45歳のとき、突然疲労感から抜け出せなくなり、歌うときにも声に力が入らなくなってしまったのです。【解説】松原のぶえ(歌手)


【声が出ない】原因は喉の使い過ぎ?それとも衰え?“カラオケ”で判別する方法

【声が出ない】原因は喉の使い過ぎ?それとも衰え?“カラオケ”で判別する方法

声が出ない・出にくくなる理由は、主に次の二つです。①声を出し過ぎることによる声帯の異常、②声を使わないことによる声帯の衰え。①であれば、声帯を休めることである程度の効果は得られます。しかし、②の場合、声帯を休めるとかえって筋肉の衰えが進行し、声がいっそう出にくくなってしまいます。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)


頭の右側の刺激で糖尿病を改善「500円玉こすり」のやり方

頭の右側の刺激で糖尿病を改善「500円玉こすり」のやり方

左半身をゆるめるためには、後頭部にたまった脳脊髄液を流してあげること。そのためには、頭の右側を刺激します。皆さんご存知のとおり、右半身は左脳が、左半身は右脳が制御しているからです。糖尿病や高血圧などの人はこの部分が腫れていたり、むくんでいたりすることが少なくありません。【解説】留目昌明(鍼灸師・和楽堂治療院院長)


【覚えておきたい対処】ぎっくり腰痛みをすぐ取る「K点」の刺激法と探し方

【覚えておきたい対処】ぎっくり腰痛みをすぐ取る「K点」の刺激法と探し方

K点とは、後頭部にある1点で、東北大学名誉教授である国分正一先生が発見した痛み解消の特効点です。K点を刺激したとたん、ぎっくり腰で救急車で運ばれてきた人が、その場で痛みが治まって自分で歩いて帰ったりといった例もあるのです。【解説】国分正一(国立病院機構仙台西多賀病院脊椎脊髄疾患研究センター長)


緑内障を改善する後頭部のツボを発見!「脳点こすり」のやり方

緑内障を改善する後頭部のツボを発見!「脳点こすり」のやり方

私の治療院では、後頭部にある目のツボ「脳点」を治療することで、緑内障の予防、改善に大きな効果を上げています。脳点は私が発見した新しいツボです。発見のきっかけは、患者さんの後頭部の「こり」と「横ジワ」でした。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長)


そわそわ落ち着かない・イライラは頭のツボマッサージで解消!

そわそわ落ち着かない・イライラは頭のツボマッサージで解消!

60歳を過ぎると、多くの人は「風」、そして「空」が体や心に増えていき、風と空の体質になっていきます。風の体質というのは、カサカサと乾燥して、冷えがあり、心情的にはソワソワと落ち着きがなく、気ばかり焦って、眠りが浅い、そんな体質のことです。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)


流れた皮下脂肪が原因!太って見える人、痩せて見える人の違い

流れた皮下脂肪が原因!太って見える人、痩せて見える人の違い

つかんで引き上げるだけ!皮下脂肪ほぐしで見た目が劇的に変わりサイズダウン。身長と体重がほぼ同じなのに、「太って見える人」と「やせて見える人」がいます。その違いは、皮下脂肪による体形のくずれです。【解説】中島絹代(ボディスタイルコンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素やファイトケミカルが増える食べ方

【大根の健康効果】有効成分の酵素やファイトケミカルが増える食べ方

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


【痩せると評判】驚くほど美味しいのにダイエット効果抜群「大根スムージー」レシピ

【痩せると評判】驚くほど美味しいのにダイエット効果抜群「大根スムージー」レシピ

大根と果物をミキサーにかけて作る「大根スムージー」で、ダイエットに成功した人が続出しています。「大根なんておいしくないのでは?」と思うかたも、心配ご無用。果物と合わせることで、本当に食べやすくなり、大根の辛味も気にならなくなります。【解説】青木久美子(ダイエットアドバイザー)


気分の落ち込みやEDは男性更年期障害も疑え!改善に軽い“筋トレ”がいい

気分の落ち込みやEDは男性更年期障害も疑え!改善に軽い“筋トレ”がいい

男性にも「更年期障害」があるのをご存じでしょうか。男性の更年期障害は、加齢に伴うテストステロン(男性ホルモンの一つ)の分泌量の低下が主な原因となり、50~60代以降の中高年男性に現れる心と体の不調をいいます。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


「座りション」が男のチョイもれ対策に?泌尿器科医が勧める理由

「座りション」が男のチョイもれ対策に?泌尿器科医が勧める理由

男性の中には、奥さんから自宅での「立ちション禁止令」を出されている方が多いのではないでしょうか。洋式トイレで男性が立ちションをすると、尿の跳ね返りで壁などが汚れます。泌尿器科医の私は、世の奥さんたちを支持します。その理由は、トイレの衛生環境のためだけではありません。【解説】髙橋悟(日本大学医学部附属板橋病院副病院長)


酵素は「みそ」で摂ろう!熱々はNG「50℃味噌汁」の作り方

酵素は「みそ」で摂ろう!熱々はNG「50℃味噌汁」の作り方

私が主宰する料理教室では、身近な食材を使って、健康で美しい体を作る知識と調理方法をお伝えしています。その中で重要なカギとなっているのが、「酵素」です。酵素は、体内で起こるさまざまな化学反応を促進する物質です。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

50~60代以上の中高年男性に多く見られる前立腺肥大症という病気をご存じでしょうか。前立腺は精液を作る場所で、膀胱の下部、尿道を囲むように存在する臓器です。健康な人の前立腺はクルミ大のサイズですが、40代半ばからこれが硬くなり、それから徐々に大きくなっていくといわれています。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


腹圧性尿失禁は扁平足が原因?尿もれ改善法「靴底ティッシュ」のやり方

腹圧性尿失禁は扁平足が原因?尿もれ改善法「靴底ティッシュ」のやり方

尿もれの中でも「腹圧性尿失禁」は、セキをしたとき、クシャミをしたとき、重いものを持ったときなど、ちょっとおなかに力が入ったときによく起こる症状です。週に2回も3回も下着を替えないといけないような尿もれの場合には、大いに気になるはずですし、改善策が必要でしょう。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長)


【諦めないで!】頻尿・尿もれを自力で改善するトレーニング

【諦めないで!】頻尿・尿もれを自力で改善するトレーニング

食べて、飲んで、出す。排泄は、生命の営みの基本中の基本です。ところが、加齢とともに、尿もれや頻尿、便秘、便もれなどの排泄トラブルが起こりやすくなっていきます。排泄に関する悩みは、人に相談しづらいため、一人で問題を抱えてしまう人も少なくありません。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長)


知ってる? 葛飾北斎も愛飲した「ユズの煮汁」 効果と作り方、活用法まで大公開!

知ってる? 葛飾北斎も愛飲した「ユズの煮汁」 効果と作り方、活用法まで大公開!

私がユズに関心を持ったのは8年ほど前。地元である大阪府箕面市が勧める「地域資源活用プロジェクト」がきっかけでした。箕面市がユズの産地であることを知り、当時アロマセラピストとして活動していた私は、ユズからオイルを抽出できないかと考えたのです。【解説】岡山栄子(ゆらぎスタイル代表)


食後に痰がでる【嚥下障害】の原因と対策 進行した場合の治療法

食後に痰がでる【嚥下障害】の原因と対策 進行した場合の治療法

食事をすると、よくむせてしまう。固形の物を嚙んで飲み込みにくくなった。食後に痰が出やすくなった……。そんな症状があったら、「嚥下障害」かもしれません。嚥下障害は脳卒中の後遺症として起こることが多いほか、老化に伴って起こってくることもあります。【解説】藤島一郎(浜松市リハビリテーション病院院長)