記事総数:116

公開済みの健康情報


【腰痛改善・再発予防】猫背を矯正して体を左右対称に戻すセルフケア「肩の後ろ回し」

【腰痛改善・再発予防】猫背を矯正して体を左右対称に戻すセルフケア「肩の後ろ回し」

前かがみで仕事をしたりスマートフォンを操作したりすることが多い現代人は、肩甲骨が外側に開き、肩が前に出てネコ背になっています。この状態を「巻き肩」とか「肩が巻いている」といいます。重心を戻すには、この前傾姿勢を正さなければなりません。腰痛の改善・再発予防に「肩の後ろ回し」を紹介します。【解説】笹岡丈裕(笹岡整骨院院長)


【そばの実レシピ】ダイエットに著効!超スーパーフード「そばの実」の食べ方(3)

【そばの実レシピ】ダイエットに著効!超スーパーフード「そばの実」の食べ方(3)

「無理なくやせる」「便秘が解消」「美肌になる」と、最近テレビで話題の「そばの実」。モデルやバレリーナをはじめ、世界中の美女が愛食するスーパーフードです。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【そばの実レシピ】ダイエットに著効!超スーパーフード「そばの実」の食べ方(2)

【そばの実レシピ】ダイエットに著効!超スーパーフード「そばの実」の食べ方(2)

「無理なくやせる」「便秘が解消」「美肌になる」と、最近テレビで話題の「そばの実」。モデルやバレリーナをはじめ、世界中の美女が愛食するスーパーフードです。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【そばの実レシピ】ダイエットに著効!超スーパーフード「そばの実」の食べ方(1)

【そばの実レシピ】ダイエットに著効!超スーパーフード「そばの実」の食べ方(1)

「無理なくやせる」「便秘が解消」「美肌になる」と、最近テレビで話題の「そばの実」。モデルやバレリーナをはじめ、世界中の美女が愛食するスーパーフードです。【解説・料理】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【疲れた腎臓を強力サポート】血液浄化美味レシピ②

【疲れた腎臓を強力サポート】血液浄化美味レシピ②

血液をきれいにする食事療法で治療実績のある、お茶の水クリニック院長・森下敬一先生の監修による雑穀レシピをご紹介します。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【疲れた腎臓を強力サポート】血液浄化美味レシピ①

【疲れた腎臓を強力サポート】血液浄化美味レシピ①

血液をきれいにする食事療法で治療実績のある、お茶の水クリニック院長・森下敬一先生の監修による雑穀レシピをご紹介します。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【疲れた腎臓を強力サポート】腎機能をアップする食事と食品

【疲れた腎臓を強力サポート】腎機能をアップする食事と食品

血液をきれいにする食事療法で治療実績のある、お茶の水クリニック院長・森下敬一先生の監修による雑穀レシピをご紹介します。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【寝たきり・認知症の原因】 転倒の骨折を予防!転びにくい体にする方法

【寝たきり・認知症の原因】 転倒の骨折を予防!転びにくい体にする方法

要支援・要介護になってしまう原因は1位が脳卒中で、2位は認知症、次いで転倒・骨折が占めています。特に70歳以降の転倒で多いのは、横に倒れた際の足のつけ根の骨折、また、尻もちをついた際の背骨の圧迫骨折です。【解説】石橋英明(伊奈病院整形外科部長・高齢者運動器疾患研究所代表理事)


【医師推奨】緑内障を改善する生活習慣は「しょうが紅茶」と「腹巻き」

【医師推奨】緑内障を改善する生活習慣は「しょうが紅茶」と「腹巻き」

体の不調の多くは、体の冷えが原因で生じると私は考えています。低体温によって余計な水分が体にたまるのです。血液中の水分が多くなると高血圧、内耳の水分が多くなると耳鳴りやめまい、目の内部の水分が多くなると緑内障といった病気にもつながります。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


《免疫力を高め感染症を防ぐ》【食べる甘酒】美味レシピ「スープ」編

《免疫力を高め感染症を防ぐ》【食べる甘酒】美味レシピ「スープ」編

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、整腸作用を高める、ノンアルコールの食べ物です。そのまま食べておいしいのはもちろんですが、その自然の甘みを、砂糖のかわりとして料理に使えば、より健康効果が期待できます。【料理・栄養計算】(料理研究家・管理栄養士)


《免疫力を高め感染症を防ぐ》【食べる甘酒】美味レシピ「ホットドリンク」編

《免疫力を高め感染症を防ぐ》【食べる甘酒】美味レシピ「ホットドリンク」編

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、整腸作用を高める、ノンアルコールの食べ物です。そのまま食べておいしいのはもちろんですが、その自然の甘みを、砂糖のかわりとして料理に使えば、より健康効果が期待できます。【料理・栄養計算】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)


《免疫力を高め感染症を防ぐ》【食べる甘酒】美味レシピ「スムージー」編

《免疫力を高め感染症を防ぐ》【食べる甘酒】美味レシピ「スムージー」編

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、整腸作用を高める、ノンアルコールの食べ物です。そのまま食べておいしいのはもちろんですが、その自然の甘みを、砂糖のかわりとして料理に使えば、より健康効果が期待できます。【料理・栄養計算】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)


《免疫力を高め感染症を防ぐ》生活習慣病を撃退「食べる甘酒」美味レシピ

《免疫力を高め感染症を防ぐ》生活習慣病を撃退「食べる甘酒」美味レシピ

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、整腸作用を高める、ノンアルコールの食べ物です。そのまま食べておいしいのはもちろんですが、その自然の甘みを、砂糖のかわりとして料理に使えば、より健康効果が期待できます。【料理・栄養計算】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)


【歯科医解説】口内フローラ悪化はメニエール病や不定愁訴の原因に!対策は「耳の下もみ」

【歯科医解説】口内フローラ悪化はメニエール病や不定愁訴の原因に!対策は「耳の下もみ」

口内フローラの悪化は歯周病や虫歯といった口腔内の病気を招くだけではありません。高血圧や糖尿病といった生活習慣病、耳鳴りやめまい、肩こり、頭痛、倦怠感といった不定愁訴まで実にさまざまな不調の原因となるのです。この口内フローラを清潔に保ってくれるのが、唾液の役割です。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【顎関節症の原因】顎の黒ずみ、首のシワは「安静位」ができていない!マッサージで対策を

【顎関節症の原因】顎の黒ずみ、首のシワは「安静位」ができていない!マッサージで対策を

安静位を取れずに起こる、代表的な症状の一つが顎関節症です。顎関節症の人のあごを見ると、あごが黒ずんでいたり、首にシワが多かったりします。これは、噛みしめによる過度の緊張によって、あごの血行不良が生じた結果なのです。ごの緊張をほぐすセルフケアをご紹介します。【解説】小倉左羅(銀座漢方 天クリニック院長)


【原因不明の耳鳴り、難聴】噛み癖が原因かも!顎のズレを直す「ティッシュ噛み」のやり方

【原因不明の耳鳴り、難聴】噛み癖が原因かも!顎のズレを直す「ティッシュ噛み」のやり方

耳鳴り、めまい、難聴といった症状は、耳鼻科で治療を受けても、なかなか改善しないことがあります。検査をしても原因が特定できなかったり、特に異常がないといわれたり……。実は、こうしたケースに、「噛みグセ」が関係していることが多いのです。【解説】長坂斉(長坂歯科院長)


【医師解説】大ブームの発酵食品「生甘酒」は腸内環境改善食!甘酒との違いは?

【医師解説】大ブームの発酵食品「生甘酒」は腸内環境改善食!甘酒との違いは?

生甘酒は、酵素とビタミン(特にビタミンB群)の宝庫で、腸内環境を整えてくれます。ビタミンB群は、ホルモンの合成に欠かせない成分です。毒出し効果も高く、老廃物をスムーズに排出するので、「美肌のビタミン」ともいわれています。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【医師解説】IgA腎症の根本原因「喉」に注目!新しい治療法「扁摘パルス療法」とは

【医師解説】IgA腎症の根本原因「喉」に注目!新しい治療法「扁摘パルス療法」とは

IgA腎症は、長い経過で進行し発症から30年で約半数の人が慢性腎不全になり、透析療法に移行していきます。10年ほど前までIgA腎症は治らない病気といわれてきました。しかし私たちが開発した「扁摘パルス療法(扁桃摘出・ステロイドパルス療法)」でこの病気も治るようになりました。【解説】堀田修(堀田修クリニック(HOC)院長)


【クレアチニン値を下げる方法】腎臓病が改善する「ふくらはぎマッサージ」を医師が解説

【クレアチニン値を下げる方法】腎臓病が改善する「ふくらはぎマッサージ」を医師が解説

腎臓は血液をろ過して老廃物を尿として体外に排出します。体内を流れる血液がきれいなら、それだけ腎臓にかかる負担も減り、衰えていた機能が回復します。内臓トレーニングや、ふくらはぎマッサージなどの自力療法を行うと、糖尿病性腎症や慢性腎炎など、腎臓病の改善につながるのです。【解説】廣岡孝(静岡トレーニングクリニック院長)


【判明】改善率は86%!動脈硬化を改善する「RAP食」で腎臓の機能も回復する

【判明】改善率は86%!動脈硬化を改善する「RAP食」で腎臓の機能も回復する

RAP食には、従来の食事療法のような、塩分やカリウム、たんぱく質の制限はありません。少なくとも、軽度から中程度の腎機能障害には、脂質制限によるプラーク改善が回復の近道であり、同時に、根本治療ともいえるのです。まずは実践してみてください。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング