記事総数:179

公開済みの健康情報


【脊柱管狭窄症の痛み】しびれを改善する"バタ足体操" 腰痛教室で効果続出!

【脊柱管狭窄症の痛み】しびれを改善する"バタ足体操" 腰痛教室で効果続出!

脊柱管狭窄症は、背骨の神経の通り道である脊柱管が、なんらかの原因で狭くなって神経を圧迫し、痛みやしびれの出る病気です。しかし、ただ脊柱管が狭くなっているだけではありません。脊柱管の中の静脈や神経がうっ血して(浮腫んで)いるのです。【解説】佐藤勝彦(一般財団法人大原記念財団大原綜合病院院長)


【猫の癒やし効果】動画でリラックス 血圧が安定 喉ゴロゴロ音にも回復効果あり

【猫の癒やし効果】動画でリラックス 血圧が安定 喉ゴロゴロ音にも回復効果あり

猫のゴロゴロ音の正体は、実はよくわかっていません。気管とのどの筋肉が、共鳴することで発生していると考えられています。猫のゴロゴロ音には、リラックスさせる心理的効果のほかにも、骨折の治癒力を高める効果があるようです。【解説】小川家資(帝京科学大学生命環境学部教授)


人気No.1【そばの実ダイエット 簡単レシピ】スープ、ご飯、サラダに大活躍!

人気No.1【そばの実ダイエット 簡単レシピ】スープ、ご飯、サラダに大活躍!

「無理なくやせる」「便秘が解消」「美肌になる」と、最近テレビで話題の「そばの実」。モデルやバレリーナをはじめ、世界中の美女が愛食するスーパーフードです。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【そばの実ダイエット 人気レシピ】そのまま使える 食べられる 痩せる食べ方

【そばの実ダイエット 人気レシピ】そのまま使える 食べられる 痩せる食べ方

日本では、そばの実を粉にして水でこね、麺にして食べるのが主流ですが、粒のまま、もしくは粉の状態で、おいしく食べる方法がたくさんあります。そばの実とそば粉を使った多彩なレシピを、ぜひお試しください。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【そばの実とは】ダイエットレシピ 炊き方 調理法 保存法 そば粉との違いについて

【そばの実とは】ダイエットレシピ 炊き方 調理法 保存法 そば粉との違いについて

「無理なくやせる」「便秘が解消」「美肌になる」と、最近テレビで話題の「そばの実」。モデルやバレリーナをはじめ、世界中の美女が愛食するスーパーフードです。【解説・料理】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


【疲れた腎臓を強力サポート】血液浄化美味レシピ②

【疲れた腎臓を強力サポート】血液浄化美味レシピ②

血液をきれいにする食事療法で治療実績のある、お茶の水クリニック院長・森下敬一先生の監修による雑穀レシピをご紹介します。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【疲れた腎臓に】もち麦を使った"血液浄化"美味レシピ(1)

【疲れた腎臓に】もち麦を使った"血液浄化"美味レシピ(1)

血液をきれいにする食事療法で治療実績のある、お茶の水クリニック院長・森下敬一先生の監修による雑穀レシピをご紹介します。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【疲れた腎臓を強力サポート】腎機能をアップする食事と食品

【疲れた腎臓を強力サポート】腎機能をアップする食事と食品

血液をきれいにする食事療法で治療実績のある、お茶の水クリニック院長・森下敬一先生の監修による雑穀レシピをご紹介します。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【はちみつの効能】口臭改善には朝食前になめて舌苔ケアすると良い!寝る前ではぜんそく発作が改善

【はちみつの効能】口臭改善には朝食前になめて舌苔ケアすると良い!寝る前ではぜんそく発作が改善

まずは、毎日の舌苔のケアとして、ハチミツを利用してください。ハチミツは、ダイエットをしたいかたや、肌が乾燥しやすいかた、コロコロとしたかたい便で便秘がちなかたにもお勧めです。【解説者】平地治美(和光治療院・漢方薬局代表)


【実験で判明】がんを予防する「蜂蜜のパワー」免疫力を高めて、インフルエンザにも効く

【実験で判明】がんを予防する「蜂蜜のパワー」免疫力を高めて、インフルエンザにも効く

私たちの実験では、正常なマウスにハチミツを投与しておくと、ガン細胞を移植しても増殖が抑えられる、という結果も得ています。すでに発症しているガンには、糖分を与えることはよくありませんが、ガンの予防という意味では、ハチミツが役立つ可能性は大いにあると考えられます【解説者】竹内実(京都産業大学総合生命科学部教授・医学博士)


【蜂蜜の健康効果】疲労回復に優れ、血糖値が上がりにくい!純度100%のものを選ぶと良い

【蜂蜜の健康効果】疲労回復に優れ、血糖値が上がりにくい!純度100%のものを選ぶと良い

ハチミツは疲労回復効果も優れています。しかも、その効果には即効性があります。にもかかわらず、血糖値の上昇は緩やかです。ハチミツにはグルコースよりもフルクトースのほうが多いので、同じ量をとるなら、砂糖よりハチミツをとるほうが血糖値の急上昇は防げるというわけです。【解説者】竹内実(京都産業大学総合生命科学部教授・医学博士)


【森山良子さんの健康法】ハチミツ "マヌカハニー" で喉の痛みや疲れを取る

【森山良子さんの健康法】ハチミツ "マヌカハニー" で喉の痛みや疲れを取る

19歳で歌手デビューし、気づいたら半世紀の月日が経ちました。私が、今もこうして皆様の前で歌えるのは、ハチミツの恩恵が大きいように思います。【体験者】森山良子(1948年生まれ。東京都出身。1967年、『この広い野原いっぱい』で歌手デビュー。)


【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


【子宮筋腫・卵巣嚢腫】が改善する「足の指もみ」 産婦人科医の私が患者の「足」を見る理由

【子宮筋腫・卵巣嚢腫】が改善する「足の指もみ」 産婦人科医の私が患者の「足」を見る理由

私は、足と生殖器は相関していると考えています。足に足首があるように、子宮にも「首」を表す「頸」の文字がついた子宮頸部があります。ふくらはぎを子宮体部、足首を子宮頸部、足先を卵巣ととらえるのです。足指の変形が改善すると、婦人科の病気にもいい影響を与えます。【解説者】佐々木綾(AYAウイメンズクリニック院長)


【歯科医推奨】顎の痛みが取れた!「足の中指をもむ」と全身の歪みが取れる小顔になる!

【歯科医推奨】顎の痛みが取れた!「足の中指をもむ」と全身の歪みが取れる小顔になる!

私の歯科医院では、あごや歯の治療と並行して、足の指の調整を行い、症状の改善に効果を上げています。足の指の調整を行って、体のゆがみを取り除くことで、症状の再発を防ぐこともできるのです。【解説者】笠茂享久(笠茂歯科医院院長)


【寝たきり・認知症の原因】 転倒の骨折を予防!転びにくい体にする方法

【寝たきり・認知症の原因】 転倒の骨折を予防!転びにくい体にする方法

要支援・要介護になってしまう原因は1位が脳卒中で、2位は認知症、次いで転倒・骨折が占めています。特に70歳以降の転倒で多いのは、横に倒れた際の足のつけ根の骨折、また、尻もちをついた際の背骨の圧迫骨折です。【解説】石橋英明(伊奈病院整形外科部長・高齢者運動器疾患研究所代表理事)


【医師推奨】緑内障を改善する生活習慣は「しょうが紅茶」と「腹巻き」

【医師推奨】緑内障を改善する生活習慣は「しょうが紅茶」と「腹巻き」

体の不調の多くは、体の冷えが原因で生じると私は考えています。低体温によって余計な水分が体にたまるのです。血液中の水分が多くなると高血圧、内耳の水分が多くなると耳鳴りやめまい、目の内部の水分が多くなると緑内障といった病気にもつながります。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


免疫力を高め整腸作用のある飲み物は【生の甘酒】簡単レシピ「スープ」編

免疫力を高め整腸作用のある飲み物は【生の甘酒】簡単レシピ「スープ」編

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、整腸作用を高める、ノンアルコールの食べ物です。そのまま食べておいしいのはもちろんですが、その自然の甘みを、砂糖のかわりとして料理に使えば、より健康効果が期待できます。【料理・栄養計算】(料理研究家・管理栄養士)


米麹から作る生甘酒【食べる甘酒】を使った人気レシピ「ホットドリンク」編

米麹から作る生甘酒【食べる甘酒】を使った人気レシピ「ホットドリンク」編

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、整腸作用を高める、ノンアルコールの食べ物です。そのまま食べておいしいのはもちろんですが、その自然の甘みを、砂糖のかわりとして料理に使えば、より健康効果が期待できます。【料理・栄養計算】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)


米麹から作る【食べる甘酒】レシピ 美味しいスムージー編 免疫力を高め感染症を防ぐ

米麹から作る【食べる甘酒】レシピ 美味しいスムージー編 免疫力を高め感染症を防ぐ

米こうじから作る、火入れをしない「食べる甘酒(生甘酒)」は、整腸作用を高める、ノンアルコールの食べ物です。そのまま食べておいしいのはもちろんですが、その自然の甘みを、砂糖のかわりとして料理に使えば、より健康効果が期待できます。【料理・栄養計算】舘野真知子(料理研究家・管理栄養士)