記事総数:179

公開済みの健康情報


【腎機の値が高い人】クレアチニン値を下げる食事が効果「小豆カボチャ」で人工透析を回避

【腎機の値が高い人】クレアチニン値を下げる食事が効果「小豆カボチャ」で人工透析を回避

叔母は78歳のとき「腎不全」と診断されました。クレアチニン値が11mg/dLまで上昇し医師から人工透析を提案されたのです。私の勧めでアズキカボチャを食べ始めたら、3週間でクレアチニン値が5mg/dLまで下がり、結果透析はしなくて済みました。腎臓の薬は飲んでいません。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【腎臓機能がアップ】動脈硬化が改善する「RAP食」で血管プラークが減少

【腎臓機能がアップ】動脈硬化が改善する「RAP食」で血管プラークが減少

RAP食には、従来の食事療法のような、塩分やカリウム、たんぱく質の制限はありません。少なくとも、軽度から中程度の腎機能障害には、脂質制限によるプラーク改善が回復の近道であり、同時に、根本治療ともいえるのです。まずは実践してみてください。【解説】真島康雄(真島消化器クリニック院長)


【慢性腎臓病】を食事で改善!「減塩」ではなく「適塩」を名医が勧める理由とは

【慢性腎臓病】を食事で改善!「減塩」ではなく「適塩」を名医が勧める理由とは

人間は、食べ物によって病気にもなれば、食べ物によって病気を治すこともできます。慢性腎臓病もしかりで、毎日の食事によって改善させることができます。ポイントは、血液を汚す食事をやめて、腎臓に負担をかけない自然の食事に戻すことです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長・国際自然医学会会長)


【医師解説】腎臓病が改善!透析回避できた!私が患者に勧める「玄米根菜食」とは

【医師解説】腎臓病が改善!透析回避できた!私が患者に勧める「玄米根菜食」とは

現代の日本を見ると、食習慣の変化がさらに腎臓を酷使しています。肉類などの動物性食品は消化が悪く腸内で腐敗するため血液を汚します。添加物がたっぷり使われた加工食品、農薬が付着し遺伝子組み換えが行われた野菜などからも毒素が体内に取り込まれ、血液の汚れを招きます。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長・国際自然医学会会長)


【透析を回避】慢性腎臓病の「糖尿病腎症」は降圧剤で改善、合併症も予防できる

【透析を回避】慢性腎臓病の「糖尿病腎症」は降圧剤で改善、合併症も予防できる

慢性腎臓病のなかでも最も患者数が多いのが糖尿病腎症です。糖尿病腎症は、糖尿病の3大合併症の一つで悪化させるとやっかいな病気です。糖尿病腎症が重くなる前に発見し、適切な治療薬を投与すれば腎機能の低下を食い止め、治すことが可能になったのです。その薬の名前は「テルミサルタン」です。【解説】牧田善二(AGE牧田クリニック院長)


【尿検査でわかる腎臓病】尿アルブミン値は「糖尿病性腎症」の早期発見に役立つ

【尿検査でわかる腎臓病】尿アルブミン値は「糖尿病性腎症」の早期発見に役立つ

「尿の色が茶色っぽい、または赤っぽい」「尿が泡立ちやすい」「頻尿」などがあったら、早急に検査を受けたほうがいいでしょう。そこで、慢性腎臓病かどうかを調べる主要な検査を紹介しましょう。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック 自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【慢性腎臓病とは】初期症状、治療法、透析について 心筋梗塞や脳卒中の原因にも

【慢性腎臓病とは】初期症状、治療法、透析について 心筋梗塞や脳卒中の原因にも

慢性腎臓病とは腎臓の機能が少しずつ低下する病気の総称です。英語の頭文字を取り、CKD(Chronic Kidney Disease)とも呼ばれます。頭痛やだるさ、むくみ、貧血などの症状が現れてくるのは、かなり悪化してからとなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック 自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【頭が痛い】頭痛・片頭痛の治し方 セルフケア「足の指回し」で血流を高めれば治る

【頭が痛い】頭痛・片頭痛の治し方 セルフケア「足の指回し」で血流を高めれば治る

頭痛の患者さんは、血液循環が悪いのです。原因としては、姿勢の悪さや交通事故などによる首の変形、長期間にわたる鎮痛剤の使用、体を冷やす生活習慣などが考えれます。血流を妨げる原因を取り除く指導や施術と並行して、私が力を入れているのが、足の指を刺激することです。【解説】茂田真吾(ぽっかぽか整骨院・銀座院院長)


【整形外科医】転倒予防には「足の指回し」が効果的 やり方を医師が解説

【整形外科医】転倒予防には「足の指回し」が効果的 やり方を医師が解説

高齢になると、なぜ転倒しやすくなるのでしょうか。整形外科の現場で、患者さんの足を診ていると、足の指が開かず、縮こまっている人がとても多いことに気づきます。靴をはく時間が長い現代人は、指が広がらず、そのせいで足指が機能しなくなって、ふんばる力が低下しているのです。【解説】宮田重樹(宮田医院院長)


【体のねじれを取る】ひざ痛・股関節痛の原因に効き、症状が改善「足の中指回し」

【体のねじれを取る】ひざ痛・股関節痛の原因に効き、症状が改善「足の中指回し」

腰、ひざ、股関節などの痛みに悩む人は後を絶ちません。そもそも、痛みはなぜ起こるのでしょうか。ひと言でいうと、体がねじれた状態のままで過ごしているからです。【解説】内田泰文(豊中愛整骨院・鍼灸院院長)


原因は【骨盤の冷え】夜間頻尿、間質性膀胱炎、過活動膀胱の症状も改善

原因は【骨盤の冷え】夜間頻尿、間質性膀胱炎、過活動膀胱の症状も改善

女性が膀胱炎や頻尿、尿失禁などに悩んでいる場合、骨盤が冷えているケースが多いものです。というのも、骨盤の冷えは、これらの泌尿器系の疾患を引き起こす誘因の一つであるからです。症状を悪化させる原因の一つは、冷えにあります。【解説】奥井識仁(よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長)


【骨盤にカイロを貼る】脊柱管狭窄症の痛みとしびれが消えた、ひざの痛みも改善

【骨盤にカイロを貼る】脊柱管狭窄症の痛みとしびれが消えた、ひざの痛みも改善

「骨盤カイロ」を実践して、体調が改善した例をご紹介しましょう。まず、57歳の女性Aさんです。Aさんは、ある日突然、足が上がらなくなり、歩けなくなりました。検査の結果、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアを併発していることが判明しました。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)


【ダイエットに】骨盤に「カイロ」を貼ると痛みやしびれが改善 代謝が上がりやせ体質に

【ダイエットに】骨盤に「カイロ」を貼ると痛みやしびれが改善 代謝が上がりやせ体質に

皆さんは、カイロをどのように使っているでしょうか。おそらく、ひざが痛ければひざに貼り、手がこわばれば手に握り、おなかが冷えればおなかに貼る、というように、症状のある場所を温めている人が多いと思います。しかし、カイロを使う場所として私がお勧めするのは「痛いところ」ではありません。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)


更年期障害や頻尿が改善する「目の温め方」“眉毛”まで温めると美肌効果も

更年期障害や頻尿が改善する「目の温め方」“眉毛”まで温めると美肌効果も

私の治療院では、主に女性の患者さんを対象に施術を行っています。実際、目を温めるセルフケアを続けている患者さんからは、「生理不順が改善して周期が整った」「生理痛や、生理前の不快な症状が改善した」といった声が寄せられています。【解説】重永志帆(Ohanaroom鍼灸治療院院長)


【目を温める】シャワーを当てると眼精疲労が軽減!視力が上がり仮性近視も改善

【目を温める】シャワーを当てると眼精疲労が軽減!視力が上がり仮性近視も改善

私たちがものを見るときには、毛様体筋という筋肉が、目のレンズといわれる水晶体の厚さを調節し、ピントを合わせています。しかし、目を酷使すると、血流が悪化して、毛様体筋がこり、ピント合わせの機能が衰えます。そんな眼精疲労には、目を冷やすのではなく、温めることが有効です。【解説】宮永嘉隆(西葛西・井上眼科病院名誉院長)


夕方老眼・週末老眼・疲れ老眼を改善する【目の温パック】

夕方老眼・週末老眼・疲れ老眼を改善する【目の温パック】

私たちの研究では眼精疲労の原因のおおよそ6割をドライアイが占めています。残りの4割は、目の中の毛様体筋などの筋肉の疲れや、脳の疲労によるものです。疲れ目くらい、とほうっておくと眼病や視力低下、頭痛や不眠などを招くことがあるので甘く見てはいけません。【解説】足立和孝(あだち眼科院長)・有安正規(あだち眼科視覚訓練士長)


膝痛が改善して正座ができた!美しく痩せるだけじゃない!「足の指回し」の健康効果に注目

膝痛が改善して正座ができた!美しく痩せるだけじゃない!「足の指回し」の健康効果に注目

最近、足の指回しには、シェイプアップ効果だけでなく、健康効果もあることがわかってきました。「ひざが痛い」といっていた70歳の生徒さんは、足の指回しをしたら、正座ができるようになったと報告してくれました。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー)


【腎機能アップ】弱った腎臓を元気にする特効メニュー1

【腎機能アップ】弱った腎臓を元気にする特効メニュー1

腎臓病の食事は「低塩分・低カリウム・低たんぱく」といわれていますが、そういった制限のない食事法を40年以上前から提唱しているのが、お茶の水クリニック院長の森下敬一先生です。ここでは「森下自然医学」にのっとった腎臓病を予防・改善するレシピをご紹介します。【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【腎機能アップ】弱った腎臓を元気にする特効メニュー2

【腎機能アップ】弱った腎臓を元気にする特効メニュー2

腎臓病の食事は「低塩分・低カリウム・低たんぱく」といわれていますが、そういった制限のない食事法を40年以上前から提唱しているのが、お茶の水クリニック院長の森下敬一先生です。ここでは「森下自然医学」にのっとった腎臓病を予防・改善するレシピをご紹介します。【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【森下敬一医師】腎機能をアップさせる食事 ― OK食材、NG食材はコレ!

【森下敬一医師】腎機能をアップさせる食事 ― OK食材、NG食材はコレ!

腎臓病治療で勧められる食事といえば、「低塩分・低カリウム・低たんぱく」が主流です。しかし、そうした制限のない食事療法を40年以上前から提唱し、腎臓病の予防・改善に実績を上げている森下敬一先生の食事療法をご紹介します。 【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)