記事総数:498

公開済みの健康情報


【沖ヨガとは】「足裏たたき」は生活習慣病改善のきっかけになる 私は胃潰瘍が改善した!

【沖ヨガとは】「足裏たたき」は生活習慣病改善のきっかけになる 私は胃潰瘍が改善した!

「足は心身の健康の礎」。多くの医師や名治療家たちは、口をそろえてこう言います。糖尿病や高血圧、ガンなどの病気や腰痛、ひざ痛などの痛み、うつなどの心の不調、人生の悩み、苦しみまで「足をもむ」ことで次々と解決していきます。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認・沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【血栓症とは】“止血血栓”と“病的血栓”の違い 突然死を招く「強いストレス」と「座りっぱなしの姿勢」

【血栓症とは】“止血血栓”と“病的血栓”の違い 突然死を招く「強いストレス」と「座りっぱなしの姿勢」

強いストレス状態に置かれると、体を守ろうとして血栓ができやすくなります。 血栓症とは、血管の中に血のかたまり(血栓)ができ、血管を詰まらせる病気のことです。血のかたまりが血流に乗って脳の血管を詰まらせると脳梗塞、心臓の栄養血管を詰まらせると心筋梗塞になります。【解説】浦野哲盟(浜松医科大学副学長、医生理学講座教授)


【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)


【免疫を高める】味噌の酵素パワー 効果を最大限に生かすには“50℃”の味噌汁がお勧め

【免疫を高める】味噌の酵素パワー 効果を最大限に生かすには“50℃”の味噌汁がお勧め

若々しく健康な体を維持するためには、毎日の食事に気を配りたいものです。私自身は最近、みそを積極的に取るようにしています。みその酵素を生きたまま、効果的に摂取できる「50℃みそ汁」がお勧めです。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会 鶴見クリニック理事長)


【ダイエット効果】酵素パワーで便秘解消「50℃味噌汁」とは?お湯を注ぐだけでやせる

【ダイエット効果】酵素パワーで便秘解消「50℃味噌汁」とは?お湯を注ぐだけでやせる

みそ汁を50℃の湯で作る。たったこれだけで、お通じが格段によくなったり、やせたりした人が続出しています。それだけではなく、鼻炎が治まった、肌がツルツルになったという声まで聞かれます。その効果の秘密とみそ汁のおいしい食べ方を初公開!【レシピ提供】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)


【胃腸の調子を整える】乳酸菌たっぷりの「白菜鍋」の作り方

【胃腸の調子を整える】乳酸菌たっぷりの「白菜鍋」の作り方

材料を切って、火にかけるだけという手軽さ。お肉はもちろん、魚介を使うのもお勧め。乳酸菌の力でサッパリといただける、胃腸にやさしい鍋が完成します。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家)


米のとぎ汁で作る【水キムチの食べ方】乳酸菌の効能効果で便秘を解消!

米のとぎ汁で作る【水キムチの食べ方】乳酸菌の効能効果で便秘を解消!

水キムチは、簡単で誰が作っても失敗しない発酵食品なので、発酵初心者のかたでも安心して作っていただけるのも特徴です。野菜は、ハクサイはもちろん、トマト、キュウリ、ミョウガ、パプリカ、ニンジン、ダイコンなど好みのものをお使いください。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家)


物忘れ改善・予防最強オイル【ニンニク油】基本の作り方

物忘れ改善・予防最強オイル【ニンニク油】基本の作り方

物忘れが気になる、体がだるいという人は、ぜひ「ニンニク油」をお試しください。脳神経外科の名医は“ 手作りできる脳の特効薬”と大絶賛。治療にも使うほどその効果を認めています。最近では、高血圧やガンの予防も期待できるとテレビで紹介され話題になりました。今注目の食材です。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【善玉菌を増やす食べ物】きな粉ヨーグルトで腸内フローラ改善ダイエット

【善玉菌を増やす食べ物】きな粉ヨーグルトで腸内フローラ改善ダイエット

腸内フローラの乱れは便秘や肥満ばかりではなく、動脈硬化や糖尿病、高血圧、ガンといった生活習慣病、認知症、アレルギー性疾患、関節リウマチなどの自己免疫疾患など、実に多くの病気を呼び込みます。「きな粉ヨーグルト」で腸内細菌が増え、腸内環境が整います。【解説】辨野義己(国立研究開発法人理化学研究所特別招聘研究員)


【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

きな粉を使ったレシピを難しく考える必要はありません。ここでは、毎日簡単に続けられる4大・きな粉レシピを紹介します!【監修】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


顔や首の【加齢性のイボ】に効果がある「はと麦」 ポリープの改善効果も

顔や首の【加齢性のイボ】に効果がある「はと麦」 ポリープの改善効果も

年齢を重ねるほど増えてくる悩みの一つに、イボがあります。顔や首に、いつの間にか小さなイボができ、「気になるけれどしかたがない」とあきらめている人も多いでしょう。そんな人に、ぜひお勧めしたいのが「ハトムギ」です。【解説】武鈴子(東京薬膳研究所代表)


【美肌を作るスキンケア】肌にハリと弾力が復活!水肌パッティングのやり方とポイント

【美肌を作るスキンケア】肌にハリと弾力が復活!水肌パッティングのやり方とポイント

「水肌パッティング」をして5分後、自分の顔を鏡で見たら新鮮な驚きが必ずあるはずです。顔のトーンが明るくなり、ほうれい線や目の周りのシワが薄くなって、肌のキメがきれいに整っているはずです。わずか数分で、こんなに変わる美容法があるでしょうか。【解説】アケミ.S.ミラー(Akemi.S.Millerビューティースタジオ主宰)


【美肌をつくる】肌は鍛えて強く育てよ!瞬時に透明感「水肌パッティング」とは

【美肌をつくる】肌は鍛えて強く育てよ!瞬時に透明感「水肌パッティング」とは

私の使命は、きれいになりたいという女性を応援し、最善の方法を提示することだと思っています。そこで今回は、年を重ねた女性が、素顔で歩けるような美肌をつくり出す「水肌パッティング」をご紹介します。【解説】アケミ.S.ミラー(Akemi.S.Millerビューティースタジオ主宰)


脳梗塞の原因“心房細動”の治療 新しい手術法「WOLF-OHTSUKA 法」とは

脳梗塞の原因“心房細動”の治療 新しい手術法「WOLF-OHTSUKA 法」とは

「心房細動」は、高齢者によく起こる不整脈の一種です。血栓ができやすくなり、脳梗塞(脳の血管が詰まって起こる病気)を引き起こす原因となります。新たな手術法「WOLF‐OHTSUKA法」を考案した大塚俊哉先生(都立多摩総合医療センター心臓血管外科部長)にお話を伺いました。【取材・文】山本太郎(医療ジャーナリスト)


【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

舌回しは、顔やのどにある表面の筋肉だけでなく、インナーマッスルを鍛えてバランスを整えます。顔のたるみやゆがみを取り、笑顔がとてもさわやかになります。 簡単ですが、効果は絶大です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部教授)


【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

「年を取るにつれ、ほおやあごがたるんで二重あごになってきた」そう感じている人は多いのではないでしょうか。実は、簡単な方法で、たるみや二重あごを撃退し、若いころのようなシャープなフェイスラインに戻せるのです。その方法とは、私の推奨する「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

マインドフルな状態に自分を置き、心に余裕を持ち、目の前にある問題を冷静に観察していきましょう。そうすれば、その問題に対してどのように関わっていけばいいのか、冷静に判断できるようになります。【解説】大野裕(一般社団法人認知行動療法研究開発センター理事長・医師)


【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

マインドフルネス呼吸法は、ウツウツとするときや、クヨクヨするときに行えば、気持ちを切り替えることができます。また、軽いうつの人であれば、症状が軽減すると言われています。「マインドフルネス呼吸法」を実際に行った人の体験例3名をご紹介しましょう。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネスインスティテュート代表、心理学博士)


【ストレス対策】うつを改善する「マインドフルネス呼吸法」やり方解説

【ストレス対策】うつを改善する「マインドフルネス呼吸法」やり方解説

「マインドフルネス呼吸法」は、子どもから高齢者まで、いつでもどこでも行える心のエクササイズです。毎日の習慣にすれば、人間関係に限らず、多くのストレスをうまく処理できるようになります。心と体の疲労がたまりにくくなるでしょう。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネスインスティテュート代表・心理学博士)