記事総数:500

公開済みの健康情報


【変形性股関節症】術後の回復にも効果「ゆうきプログラム」とは

【変形性股関節症】術後の回復にも効果「ゆうきプログラム」とは

現在、ゆうきプログラムの運動法は、300種類を超えています。その運動はすべて、靱帯や筋肉の拘縮をほぐし、それに伴う筋肉のアライメントのくずれを改善することにあります。さらに、さまざまな角度から症状の改善にアプローチしています。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

変形性股関節症の改善率が94%!運動で治す「ゆうきプログラム」が進化

ゆうきプログラムで股関節の痛みが消えた、手術を回避できた、杖が不要になって歩行に不安や困難がなくなったという声は、枚挙にいとまがありません。改善率が、さらに伸びた理由は、「痛みの元凶が靱帯の拘縮にある」ことがわかり、その改善法を開発できたことです。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【危険なほくろ】ホクロの癌 メラノーマ(悪性黒色腫)との見分け方 膨らみ 不鮮明は要注意

【危険なほくろ】ホクロの癌 メラノーマ(悪性黒色腫)との見分け方 膨らみ 不鮮明は要注意

急に目立ってきたホクロの中には、正常とは異なる「危険なホクロ」が隠れていることが…。皮膚の腫瘍の中でも極めて悪性度の高い「メラノーマ」の始まりの可能性があるのです。安易にレーザーでホクロを取るような行為を見かけますが、重大な自体を招く危険性があるのです。【解説】赤須玲子(赤須医院院長 皮膚科専門医・医学博士)


【腱鞘炎の最新治療】ばね指・ドケルバン病の治し方は ステロイドか手術 手外科に注目

【腱鞘炎の最新治療】ばね指・ドケルバン病の治し方は ステロイドか手術 手外科に注目

手首や指の付け根に腫れや痛み、動かしにくさが生じる「腱鞘炎」。腱鞘炎は適切な治療を行えば、短期間で確実によくなる病気。ここでぜひ知っていただきたいのが、腕や手・指を専門的に治療する診療科「手外科」の存在です。【解説】福本恵三(埼玉成恵会病院 埼玉手外科研究所所長)


【白内障が改善】目を温める「番茶シップ」で目のデトックス!0.1の視力が1.0に向上した

【白内障が改善】目を温める「番茶シップ」で目のデトックス!0.1の視力が1.0に向上した

番茶は、目の手当て法として、マクロビオティックの世界では古くから行われています。方法は簡単です。番茶は殺菌力が高く、体にたまった毒を体外に出すとされます。また、少量入れる天然塩にも排毒効果のほか、目を引き締める効果があります。【解説】藤野幾三(桐生断食道場道場長)


痛みの元「トリガーポイント」を自分で刺激する「タオル玉」の作り方・当て方

痛みの元「トリガーポイント」を自分で刺激する「タオル玉」の作り方・当て方

トリガーポイントとは、簡単に言うと、筋肉に生じた硬いしこりのことです。 痛みの元凶であり、痛みや症状を改善するために使われる治療点として知られています。「タオル玉」でトリガーポイントを、自分で簡単に刺激できることがわかったのです。【解説】中野耕助(新浦安こころ整体院長)


【全身の痛み・しびれ】慢性痛の原因「トリガーポイント」の探し方と押し方

【全身の痛み・しびれ】慢性痛の原因「トリガーポイント」の探し方と押し方

お尻の周辺にトリガーポイントがある場合は、腰痛、ギックリ腰、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、座骨神経痛などと診断されるような痛みやしびれが起こることが多いでしょう。肩甲骨の周辺の筋肉にトリガーポイントがある場合は、首の痛み、肩こり、頭痛、手のしびれが現れます。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛  長引く痛みを“筋肉”から治す

手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛 長引く痛みを“筋肉”から治す

腰痛やひざ痛など、慢性痛に悩む人たちの間でトリガーポイントが注目を集めています。痛みを訴えても「気持ちのせい」と言われ、本当に自分の心がおかしいのだと思い込もうとしていた患者さんもいました。しかし、原因は「気持ち」ではなく、長い間見逃された「筋肉の痛み」だったのです。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


目安は下痢の期間【潰瘍性大腸炎とは】 ほとんどが薬物療法 手術でも人工肛門は回避が主流

目安は下痢の期間【潰瘍性大腸炎とは】 ほとんどが薬物療法 手術でも人工肛門は回避が主流

潰瘍性大腸炎では一般に、薬物療法が行われますが、場合によっては大腸を摘出する手術が行われることがあります。従来は手術後、人工肛門を余儀なくされていましたが、近年では肛門を温存し、自然に近い排便機能を維持する手術が主流になっています。【解説】木村英明(横浜市立大学附属市民総合医療 センターIBDセンター部長)


冷え性対策に飲み物は「生姜紅茶」を ー 女優・夏樹陽子のキレイの秘訣

冷え性対策に飲み物は「生姜紅茶」を ー 女優・夏樹陽子のキレイの秘訣

忙しい生活の中で、大きな病気もせずに仕事をこなしてこれたのは食事にあります。中でも「生姜」は絶対に外せません。生姜は代謝をよくするので、太りにくくなるようです。私は、この30年以上、体形も体重もほとんど変わっていません。30年前のドレスが、今でもピッタリ体に合います。【解説】夏樹陽子(女優)


【痰がからむ・声枯れ】カリスマボイストレーナー佐藤涼子さんのお勧めは「生姜紅茶」私はパニック障害を克服

【痰がからむ・声枯れ】カリスマボイストレーナー佐藤涼子さんのお勧めは「生姜紅茶」私はパニック障害を克服

ショウガ紅茶は、飲んだ直後から体を温めます。そのため、筋肉の緊張がほぐれ、声が出やすくなります。声が枯れたり、タンがからみやすくなるのは、声帯のむくみが主な原因です。ショウガ紅茶には、体にたまった水分や老廃物を、素早く排泄する働きがあるので、のどのむくみもすぐに解消します。【解説】佐藤涼子(ボイストレーナー)


出そうで出ない頑固な便秘で太ももが太くなる?大腸洗浄のプロ考案「腸もみ」のやり方

出そうで出ない頑固な便秘で太ももが太くなる?大腸洗浄のプロ考案「腸もみ」のやり方

私の元へ駆け込む人は、すでに自己流では改善できないほどひどい便秘になっている場合がほとんど。特に40代以上になると、加齢や運動不足で腸を支える筋力が衰えて、腸が下がってしまうことがよく起こります。そうなると、余計に自力での排便が困難になってしまうのです。【解説】齊藤早苗(看護師・コロンハイドロセラピスト)


【下肢静脈瘤】は正しい歩き方・立ち方で予防できる? ウォーキングでの改善効果に期待

【下肢静脈瘤】は正しい歩き方・立ち方で予防できる? ウォーキングでの改善効果に期待

血管、リンパ管に滞りができると、機能の低下や病気を引き起こしてしまいますが、プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が整うため、体が健康な状態に向かいます。【解説】森嶌淳友(ラ・ヴィータメディカルクリニック院長)


【姿勢矯正 むくみ改善】乳腺専門医が乳ガン術後の患者に勧めるウォーキング法

【姿勢矯正 むくみ改善】乳腺専門医が乳ガン術後の患者に勧めるウォーキング法

私が院長を務める乳ガン術後ケア専門のクリニックでは、毎月一回、プラリマリーウォーキングの講座を開催していますむくみの軽減といった効果のほかに、姿勢がよくなり、血流が改善し、顔色がよくなるので、明るさと朗らかさを取り戻す人が多いことを実感しています。【解説】猿丸修平(ブレストクリニック築地院長)


【腰痛改善・ダイエット】頑張らなくても体が変わる!「かかと体重」の立ち方・歩き方のコツ

【腰痛改善・ダイエット】頑張らなくても体が変わる!「かかと体重」の立ち方・歩き方のコツ

プライマリーウォーキングの特徴は、かかと体重で脚を後ろに残して歩くということです。行進歩行のように脚を前に上げることを意識すると、腸腰筋を緊張させて使うため、筋肉が疲れて腰が丸まってしまいます。ひざや股関節に負担がかかりゆがみや痛みを引き起こすのです。【解説】岡本啓司(プライマリーウォーキング指導者協会会長)


乳がん術後の【むくみ改善】クリニックも導入する画期的なウォーキング法 「かかと体重」がポイント

乳がん術後の【むくみ改善】クリニックも導入する画期的なウォーキング法 「かかと体重」がポイント

プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が正しい状態に戻り、腰痛やひざ痛、ネコ背、O脚を改善することができます。さらに、ぽっこりおなかの改善、バストアップ、ヒップアップ、ダイエットや美脚にも効果を感じていただけます。【解説】岡本啓司(プライマリーウォーキング指導者協会会長)


【レモンコーヒーの効能】脂肪燃焼効果が最大級 高血圧対策や近視・老眼の予防にお勧め

【レモンコーヒーの効能】脂肪燃焼効果が最大級 高血圧対策や近視・老眼の予防にお勧め

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


【管理栄養士】好相性"レモンコーヒー"の効果 アディポネクチンが体脂肪を減らす働き

【管理栄養士】好相性"レモンコーヒー"の効果 アディポネクチンが体脂肪を減らす働き

ヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、多様な健康効果があると判明しています。コーヒーとレモンの作用は重なる部分が多く、双方とも、中性脂肪を減らして肥満を予防。痩せホルモンとも長寿ホルモンとも呼ばれるアディポネクチンを増やす作用があるので、相乗効果が期待できます。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【弘兼憲史流・身軽な生き方】“孤独力”を鍛えよ!年賀状・お歳暮はやめてもいい

【弘兼憲史流・身軽な生き方】“孤独力”を鍛えよ!年賀状・お歳暮はやめてもいい

孤独力を身につけることは、家族や友人に頼り切らずに、周りの人たちと適度に交わりながら、充実した人生を送る秘訣だと思います。そのためにも、自分にとってほんとうにたいせつな物事を取捨選択する「人生の片づけ」が必要なのです。【解説】弘兼憲史(漫画家)


『島耕作』作者・弘兼憲史さんに聞いた定年後の生き方「60歳からは手ぶら人生で行こう」

『島耕作』作者・弘兼憲史さんに聞いた定年後の生き方「60歳からは手ぶら人生で行こう」

私の作品を長年読んできてくれた読者のかたがたも、定年を迎える年代の人が増えてきました。そんな理由もあり、ここ数年、定年後の生き方を考えることが増えました。漫画はエンディングが大事です。どんな物語も、終わらせかたしだいで、傑作にも駄作にもなります。人生も、漫画と同じです。【解説】弘兼憲史(漫画家)