記事総数:500

公開済みの健康情報


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

ギーは、食塩不使用バターを加熱して水分を飛ばし、乳たんぱくと乳糖を取り除いて作られた純粋な乳脂肪です。料理に用いるのはもちろん、傷や皮膚炎の治療として肌にぬったり、点眼、点鼻薬に用いたりするなど、昔からさまざまな用途で活用されてきました。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)


【バターコーヒーとは】体脂肪を燃やす"ケトン体"回路の効果 健康的に痩せる飲み物

【バターコーヒーとは】体脂肪を燃やす"ケトン体"回路の効果 健康的に痩せる飲み物

バターコーヒーダイエットで健康的にやせられるのは、体脂肪が燃焼しやすい体質に変わるからです。私たちの体は2種類のエンジンで、活動するためのエネルギーを生み出しています。一つめが「糖質回路」、二つめが「ケトン体回路」です。【解説】佐久本政尚(泉鍼灸接骨院院長)


【バターコーヒーダイエット方法】背中のブツブツが治った 18kg痩せた 鍼灸師の体験談

【バターコーヒーダイエット方法】背中のブツブツが治った 18kg痩せた 鍼灸師の体験談

体脂肪が燃えやすい体質に変わり、空腹感がいっさいなく、短期間でやせられるばかりか、ツルツルツヤツヤの美肌になり、疲れ知らずで頭も冴える。そんな魔法のようなダイエット法が「バターコーヒーダイエットです。【解説】佐久本政尚(泉鍼灸接骨院院長)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


【作り方】バターコーヒーでダイエット "ギー"は甘い味 MCTオイルでケトン体質に

【作り方】バターコーヒーでダイエット "ギー"は甘い味 MCTオイルでケトン体質に

うっとりするような甘~い香りがするクリーミーなコーヒーを朝食に飲むだけで、体脂肪がどんどん燃える体に変わっていく。それが「バターコーヒーダイエット」です。運動は不要!食事制限に伴う我慢も不要!肌はツヤツヤスベスベになり、お通じもツルンとスッキリ爽快!【指導】佐久本政尚(泉鍼灸接骨院院長)


弘兼憲史さん【ひざ裏伸ばし】ストレッチが唯一の健康法(やり方のイラスト付き)

弘兼憲史さん【ひざ裏伸ばし】ストレッチが唯一の健康法(やり方のイラスト付き)

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【便秘を改善】腸を活性化する「足首回し」さまざまな不調が解消し生命力がアップする

【便秘を改善】腸を活性化する「足首回し」さまざまな不調が解消し生命力がアップする

足助体操は、関西の治療家・足助次朗先生が創案し、1941年に体系化した体操です。次朗先生は、万病の原因は「退行性変化」にあると考えていました。 退行性変化とは、日常生活で動かさなくなった筋肉や筋膜、臓器、血管などが萎縮したり、硬くなったりする現象です。【解説】中本かよ(医師・大阪漢方医学振興財団理事長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【原田式】ふくらはぎマッサージのやり方 お風呂で石鹸をつけて老廃物を徹底的に除去

【原田式】ふくらはぎマッサージのやり方 お風呂で石鹸をつけて老廃物を徹底的に除去

私のふくらはぎもみは、硬くなった筋肉を、徹底的に軟らかくもみほぐすことを目指します。道具を使うと、らくにもみほぐすことができるので、私は、金棒や木の棒を使って行うやり方をご紹介しています。【指導】原田秀康(国際足健法協会会長)


坐骨神経痛に効果【ふくらはぎマッサージ】のやり方 コツは徹底的にもみほぐすこと

坐骨神経痛に効果【ふくらはぎマッサージ】のやり方 コツは徹底的にもみほぐすこと

ふくらはぎが硬くなると、足が冷えて気持ちもイライラします。ところが、もんで軟らかくすると、足が温もり、体も快適に過ごせるのです。毎日、ふくらはぎをつきたての餅のような軟らかさになるまで徹底的にもんだところ座骨神経痛が徐々に改善し、同時に、冷えもすっかり解消したのです。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


【心を癒す効果】イルカは地震を予知できる?知られざるイルカの生態を大学教授が解説

【心を癒す効果】イルカは地震を予知できる?知られざるイルカの生態を大学教授が解説

イルカは、地震前に起こる電磁波の変動などを感知できるため、地震予知が可能だろうと考えられます。そして、イルカの鳴き声も、彼らの秘められた大きな可能性の1つです。【解説】太田光明(東京農業大学バイオセラピー学科動物介在療法学研究室教授)


【イルカセラピー】心を癒しうつを改善する“イルカの声” の効果 大学教授が報告

【イルカセラピー】心を癒しうつを改善する“イルカの声” の効果 大学教授が報告

イルカセラピーは、1970年代後半に、アメリカ・フロリダ国際大学のスミス博士によって開始されたものです。イルカは、周波数を自在に変え、正確に対象物に浴びせることができます。この超音波が、人の心身に影響を与える可能性はじゅうぶんあるでしょう。【解説】太田光明(東京農業大学バイオセラピー学科動物介在療法学研究室教授)


【肌がきれいになる】1週間で肌年齢が若返る「梅干し美肌術」

【肌がきれいになる】1週間で肌年齢が若返る「梅干し美肌術」

梅干しの「美肌効果を検証してほしい」とテレビ情報番組から依頼されました。番組では、毎日梅干しを食べることで、肌がどう変化するかを調べました。期間が1週間と短かったのですが、1週間後、失われていた肌のきめや水分、適度な油分がよみがえり、肌年齢が25歳まで若がえったのです。【解説】片桐衣理(衣理クリニック表参道院長)


うつ・不安・ストレスを改善する「マインドフルネス」の効果 脳の体積も増やすと判明

うつ・不安・ストレスを改善する「マインドフルネス」の効果 脳の体積も増やすと判明

マインドフルネスとは、「今、ここ」の現実にリアルタイムかつ客観的に気づいていることです。マインドフルネスは、お釈迦様が悟りを開いた時の心の状態で仏教の枠組みの中で、坐禅や瞑想として伝えられてきました。近年は不安やストレス、うつの心理療法としても取り入れられています。【解説】藤井英雄(精神科医・医学博士)


【バナナの効能効果】血圧を下げて血糖値スパイクを予防 便秘解消ダイエットに最適

【バナナの効能効果】血圧を下げて血糖値スパイクを予防 便秘解消ダイエットに最適

私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)


【やり方】脳が活性化する「指そらし」と高血圧・不眠に効果のある「手首振り」

【やり方】脳が活性化する「指そらし」と高血圧・不眠に効果のある「手首振り」

高麗手指鍼法では、手に全身のツボがあるという基本的な考え方のほかに、手全体を頭部ととらえる考え方があります。つまり、手の指を刺激すると、直接脳が刺激されるということです。指そらしを実践して、実際に脳の機能が改善し、認知症が改善したかたもおられます。【解説】德永勝哉(ガイアそうこグループ総副院長・鍼灸師)


【認知症が改善】失禁もなくなった!脳の血流の循環をよくする「指そらし」とは

【認知症が改善】失禁もなくなった!脳の血流の循環をよくする「指そらし」とは

手を刺激することは簡単な脳の刺激法になると、私は考えています。そして、手の刺激は、患者さん自身も行うことが可能です。指そらしはいつでも、1日何回行ってもかまいませんが、お勧めは寝る前です。ストレスで縮こまった体を、1日の最後に開放しましょう。【解説】德永勝哉(ガイアそうこグループ総副院長・鍼灸師)


【老化防止・物忘れ改善】「指をそらす」「ほめる」と脳が活性化する効果がある

【老化防止・物忘れ改善】「指をそらす」「ほめる」と脳が活性化する効果がある

「指そらし」で脳の血流が激増して物忘れがなくなり会話がすれ違う認知症も大改善!仕事の効率アップ!どこか調子が悪いと、そこだけに目を向けがちですが、人間は部分で生きているのではない。体全体がつながっていて、互いに影響し合いながらバランスを取っています。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科・心療内科院長)