医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

アンチエイジング

アンチエイジング

アンチエイジングとは、アンチ(抗)エイジング(加齢)を意味し、「抗老化」と訳されることが多い言葉です。いつまでも若々しくありたい、心と体が若返るような体験に出会いたい、そんな希望はすべての老若男女に共通しているものです。このカテゴリは、アンチエイジング対策に役立つ食べ物や運動療法、その他健康法などの情報を紹介する記事の一覧ページです。


アンチエイジングの健康情報一覧

アーユルヴェーダのおすすめの食事【干しブドウ酢】体質別アレンジはコレ!

アーユルヴェーダのおすすめの食事【干しブドウ酢】体質別アレンジはコレ!

アーユルヴェーダから見ると、「干しブドウ酢」は、それぞれの食品のよさが組み合わさって力を倍増させる、まさに最高の組み合わせです。干しブドウとリンゴ酢、ハチミツが組み合わさることにより、どんな体質の人にも合う食品になるからです。【解説】西川眞知子(日本ナチュラルヒーリングセンター代表)


【ぶどうの皮】食べる? 食べない? 皮と種の栄養まで丸ごと摂取する食べ方はコレ

【ぶどうの皮】食べる? 食べない? 皮と種の栄養まで丸ごと摂取する食べ方はコレ

多種類の抗酸化物質を多く体に備えておくほど、アンチエイジングに役立ちます。そのために、ブドウは最適な食品です。その作用を十分に生かすには、ちょっとした食べ方のコツが必要です。それは、「できるだけ皮や種も一緒に食べる」ということです。【解説】渡辺光博(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授・医学部兼担教授)


面長・しゃくれを自力で改善「1分小顔矯正術」内臓下垂を正すと顔が変わる!

面長・しゃくれを自力で改善「1分小顔矯正術」内臓下垂を正すと顔が変わる!

顔が長い人には共通した特徴があります。体の前側に肩が巻き込まれた姿勢で、バストが下がって肋骨下部が広く張り出し、下腹がポッコリと出た人が多いのです。頭蓋骨は、たくさんの骨が歯車のように複雑に嚙み合ってできていて、連動しながら柔軟に形を変えています。【解説】山口さゆり(小顔矯正サロン・ボディクラシック代表)


大統領夫人が絶賛!女優も愛飲する美肌ドリンク「抹茶レモン」の作り方・飲み方

大統領夫人が絶賛!女優も愛飲する美肌ドリンク「抹茶レモン」の作り方・飲み方

美容家だった私の母、メイ牛山が、40年以上も前に考案した「抹茶レモン」。抹茶とレモン汁、水、ハチミツという、身近な材料を混ぜるだけでできるという手軽さも、魅力の一つです。【解説】ジェニー牛山(学校法人メイ・ウシヤマ学園 ハリウッド大学院大学教授)


【NEWS】サルコペニア予防に期待!骨や筋肉を強化するメカニズムが判明

【NEWS】サルコペニア予防に期待!骨や筋肉を強化するメカニズムが判明

最新研究では胆汁酸で、食と運動が骨格筋を肥大化させるメカニズムが今回解明された。研究グループは、このメカニズムの活性機能を持つ食品成分(柑橘成分ノミリンなど)を報告。これらを筋力低下(サルコペニア)などの予防に応用することが期待されるという【リリース元】東京大学大学院農学生命科学研究科


【美のカリスマ】メイ牛山さんが重要視したレモンの美容効果(ドリンクレシピ)

【美のカリスマ】メイ牛山さんが重要視したレモンの美容効果(ドリンクレシピ)

母は、昭和30年代からさまざまな「美健食」を提唱し、考案、開発してきました。その食生活の中で、母が一日たりとも欠かさなかったのがレモンです。レモンは天然のサビ止めであり、老化防止の特効薬だと考えていたのです。【解説】ジェニー牛山(ハリウッド大学院大学副理事長・教授・ハリウッド美容専門学校校長)


老化が加速するタンパク質不足 対策は「豆乳マヨネーズ」で美味しく補給!

老化が加速するタンパク質不足 対策は「豆乳マヨネーズ」で美味しく補給!

糖質・脂質・たんぱく質の三大栄養素のうち、現代人に不足しているのが、たんぱく質です。とりわけ40代以降の人たちに、たんぱく質不足が目立ちます。たんぱく質の不足は、健康にも大きな影響を及ぼします。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)


骨粗鬆症やサルコペニアの予防には「ちょっと太ってるくらいがいい」

骨粗鬆症やサルコペニアの予防には「ちょっと太ってるくらいがいい」

「体のためには粗食が一番」「肉や卵はメタボのもと」「中高年になったら少食を」最近は、こういったことが「健康の常識」とされているようです。しかし、これらの考え方は、若くて、過食や肥満がある人には当てはまりますが、日本の多くの高齢者には当てはまりません。【解説】新開省二(東京都健康長寿医療センター研究所副所長)


【リコピンの効果】肌の老化を強力予防!「トマトスープ」が美容にいい理由

【リコピンの効果】肌の老化を強力予防!「トマトスープ」が美容にいい理由

私の実家はトマト農家で、幼少の頃から新鮮なトマトをたくさん食べて育ちました。さらに大学院へ進学後、トマトの成分と遺伝子の研究をするようになった私は、トマトの健康効果についての論文に触れ、世界中の知見を得る機会に恵まれました。そこで、トマトの力に改めて驚かされました。【解説】石井賢二(トマト研究家)


【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」で骨折リスクが低下!

【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」で骨折リスクが低下!

運動不足の悪影響は、骨だけに止まりません。当然、筋力は低下し筋肉も硬化し、痛みやコリが生まれる原因になります。筋肉の状態が悪くなれば内臓の動きが悪化し、内臓機能の低下につながります。悪循環を断ち切るのに、お勧めの運動が「かかと落とし」です。【解説】斎藤究(医師・さいとう整形外科リウマチ科理事長)


シミ・シワを予防!生姜入りホットトマトジュースの効果【美容皮膚科医が愛飲】

シミ・シワを予防!生姜入りホットトマトジュースの効果【美容皮膚科医が愛飲】

シミやシワを防ぎ、いつまでも美しく若々しい肌を保つためには、肌の内側で体内に発生した活性酸素を除去する力を維持しておくことが、とても大切になります。そのために私が朝食に飲んでいるのが、ショウガのすりおろしとチアシードオイルを加えた、ホットトマトジュースです。【解説】佐藤やすみ(恵比寿やすみクリニック院長)


ほうれい線も脂肪もつまんで解消!「整膚」の美容効果

ほうれい線も脂肪もつまんで解消!「整膚」の美容効果

シミ、シワ、たるみ、くすみ、ほうれい線など、女性の抱える肌の悩みは尽きません。こうしたトラブルが現れると、一気に老けた印象になってしまいます。そんな肌トラブルを、自分の指先一つで手軽に改善できるのが、肌つまみです。【解説】蔡晶(整膚美容師会会長)


【昆布酢6つの効果】カルシウム吸収率アップ・血糖値下げる作用など様々な効能

【昆布酢6つの効果】カルシウム吸収率アップ・血糖値下げる作用など様々な効能

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


【骨粗鬆症とは】どんな病気? 自覚症状は? 予防できる食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

【骨粗鬆症とは】どんな病気? 自覚症状は? 予防できる食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

骨粗鬆症とは、骨量が減って骨が軽石のようにスカスカになり、ちょっとした衝撃でも骨折しやすくなる状態のことです。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【骨粗鬆症予防】牛乳をお勧めしない理由 カルシウム摂取に効果的な食事とは

【骨粗鬆症予防】牛乳をお勧めしない理由 カルシウム摂取に効果的な食事とは

骨粗鬆症の予防対策としてカルシウムをとるために牛乳を飲むことは妥当ではないと判断します。牛乳を飲みたい人は、嗜好品としてたまにとる程度にしたほうが賢明でしょう。カルシウムの吸収率を高めて骨を丈夫に保つには、食事のほかに運動と、日光を浴びることも必要です。【解説】岡本裕(e-クリニック医師)


【アンチエイジング】 貧血やダイエットに効果的!「ゴマ酢」を有名女医も大絶賛!

【アンチエイジング】 貧血やダイエットに効果的!「ゴマ酢」を有名女医も大絶賛!

私には、美と健康のために、毎日欠かさず食べている食品がいくつかあります。その一つがゴマで、毎朝必ず炒りゴマをすって、納豆にかけて食べています。 なぜならゴマには、良質の脂質やたんぱく質、各種ビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養素が、ギュッと詰まっているからです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


【美女医特製】酢納豆の作り方と美肌効果 善玉菌を増やす 腸内環境を整えるアンチエイジング食

【美女医特製】酢納豆の作り方と美肌効果 善玉菌を増やす 腸内環境を整えるアンチエイジング食

食生活の基本は、腸内環境を整えることです。腸内の善玉菌を増やす食材を積極的にとるように心がけています。その条件を満たし、食卓によく登場するのが、特製の「酢納豆」です。今後も、酢納豆など、栄養価が高く腸に優しい食材を活用し、体調を整えていきます。【解説】黒田愛美(クリントエグゼクリニック医師)


【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

【Dr.ナグモ】60歳医師自らの肉体改造を大公開!奇跡の「家トレ」4選

私が目指したのは、元サッカー選手の中田英寿さんのような「細マッチョ」。今回ご紹介する「家トレ」は、余分な体脂肪を落とし必要な筋力を維持するためのトレーニングです。高齢者はもちろんのこと、ひざや腰が悪い人こそ積極的に行ってください。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック総院長)


ほうれい線・疲れ目に効果を実感「日本酒マッサージ」でフェイスケア

ほうれい線・疲れ目に効果を実感「日本酒マッサージ」でフェイスケア

私が芳原雅司先生のもとに通い始めたのは、ダンサー仲間から「痛みを取るならこの先生」と、紹介してもらったのがきっかけです。最近になって、顔のマッサージもやっていると知り、実際に受けてみたところ、気になっていたほうれい線が薄くなってびっくり!【体験談】浅井みどり(ダンサー・40歳・東京都)