MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
アンチエイジング

アンチエイジング

アンチエイジングとは、アンチ(抗)エイジング(加齢)を意味し、「抗老化」と訳されることが多い言葉です。いつまでも若々しくありたい、心と体が若返るような体験に出会いたい、そんな希望はすべての老若男女に共通しているものです。このカテゴリは、アンチエイジング対策に役立つ食べ物や運動療法、その他健康法などの情報を紹介する記事の一覧ページです。

アンチエイジングの記事一覧

表示順:
運動不足の悪影響は、骨だけに止まりません。当然、筋力は低下し筋肉も硬化し、痛みやコリが生まれる原因になります。筋肉の状態が悪くなれば内臓の動きが悪化し、内臓機能の低下につながります。悪循環を断ち切るのに、お勧めの運動が「かかと落とし」です。【解説】斎藤究(医師・さいとう整形外科リウマチ科理事長)
更新: 2018-09-09 01:58:54
シミやシワを防ぎ、いつまでも美しく若々しい肌を保つためには、肌の内側で体内に発生した活性酸素を除去する力を維持しておくことが、とても大切になります。そのために私が朝食に飲んでいるのが、ショウガのすりおろしとチアシードオイルを加えた、ホットトマトジュースです。【解説】佐藤やすみ(恵比寿やすみクリニック院長)
更新: 2018-09-09 10:57:49
骨粗鬆症とは、骨量が減って骨が軽石のようにスカスカになり、ちょっとした衝撃でも骨折しやすくなる状態のことです。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)
更新: 2018-09-12 13:44:47
骨粗鬆症の予防対策としてカルシウムをとるために牛乳を飲むことは妥当ではないと判断します。牛乳を飲みたい人は、嗜好品としてたまにとる程度にしたほうが賢明でしょう。カルシウムの吸収率を高めて骨を丈夫に保つには、食事のほかに運動と、日光を浴びることも必要です。【解説】岡本裕(e-クリニック医師)
更新: 2018-09-01 14:27:55
私には、美と健康のために、毎日欠かさず食べている食品がいくつかあります。その一つがゴマで、毎朝必ず炒りゴマをすって、納豆にかけて食べています。 なぜならゴマには、良質の脂質やたんぱく質、各種ビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養素が、ギュッと詰まっているからです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2018-09-11 12:17:48
私が目指したのは、元サッカー選手の中田英寿さんのような「細マッチョ」。今回ご紹介する「家トレ」は、余分な体脂肪を落とし必要な筋力を維持するためのトレーニングです。高齢者はもちろんのこと、ひざや腰が悪い人こそ積極的に行ってください。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック総院長)
更新: 2018-04-25 10:56:21
『ゆほびか』携帯サイト会員の皆様に「顔の悩み」に関するアンケートを行い、674名のかたから回答をいただきました。顔は皆さん関心が高く、それだけ悩みも尽きないということがわかりました。ご協力ありがとうございました。顔の悩みを解決する秘策をご紹介します!【構成】『ゆほびか』編集部
更新: 2018-04-21 08:58:17
芳原雅司先生には、8年ほど前からお世話になっています。日本酒マッサージを受けると、自然と体が上に引き上げられるような姿勢になり、バレエを踊るとき、とてもいいパフォーマンスができます。顔のマッサージは、先生にアドバイスしていただいて、家でも実践してます。【体験談】五島舞耶(東京都・役者・バレエダンサー)
更新: 2018-09-07 17:08:16
年齢を重ねていくほど、深刻な問題になっていくお肌のトラブル。シミ、そばかす、ほおのたるみといった美容の悩みをお持ちの女性は少なくありません。年齢のせいにして美肌をあきらめているかたはいませんか。そんなかたはぜひ一度、手をもんだり押したりしてみてください。【解説】森田真理(Mari鍼灸Salon代表)
更新: 2018-05-03 19:04:15
ミネラルやアミノ酸を豊富に含むニンニクは、滋養強壮効果、疲労回復効果、殺菌効果などがある食材として、昔から広く親しまれてきました。最近では悪玉コレステロールを減らすとして、抗腫瘍(抗ガン)効果、抗酸化作用でも注目を浴びています。【解説】本橋登(元明治薬科大学理事・教授 山東省科学技術協会最高顧問)
更新: 2018-09-26 10:23:38

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt