腰痛・坐骨神経痛

腰痛とは、病名ではなく、腰椎に負担がかかったり障害が起こったりすることで発症する症状の総称です。腰痛といえば、腰から足に鋭い痛みやしびれが生じる坐骨神経痛を思い浮かべる方が多いようですが、これも症状名です。坐骨神経痛の原因は、主に腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症といった疾患であることが多い傾向にあります。このカテゴリは、腰痛や坐骨神経痛の改善に役立つ記事一覧ページです。

腰痛・坐骨神経痛に関連するキーワード

腰痛の治し方
>>腰痛・坐骨神経痛に関連するキーワード一覧

腰痛・坐骨神経痛の健康情報一覧

【自分で治せる】耳に刺激を加え、腰痛や坐骨神経痛の痛みやしびれの症状を取る「耳介療法」

【自分で治せる】耳に刺激を加え、腰痛や坐骨神経痛の痛みやしびれの症状を取る「耳介療法」

私はダイエットやアンチエイジング、腰痛などの痛みの治療に、「耳介療法」を取り入れています。現代の腰痛の二大疾患である、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの症状改善にも、耳への刺激がすばらしい効果を発揮するのです。家庭療法として行う方法としては、「耳つまみ」が最適です【解説】長谷川亮(長谷川亮・鍼灸院院長)


【即効】腰痛は「おなかもみ」で治る――真犯人はココだった!

【即効】腰痛は「おなかもみ」で治る――真犯人はココだった!

慢性腰痛で悩んでいる人たちに大きな成果を上げている、私が考案した「おなかもみ」をご紹介します。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)


骨盤の中央【仙骨】を温めると、腰痛や肩こり、便秘が大改善!やせ体質に!

骨盤の中央【仙骨】を温めると、腰痛や肩こり、便秘が大改善!やせ体質に!

私の治療院では、体の不調の改善を目的に、仙骨の矯正をしています。仙骨は骨盤の中央にあり、背骨のいちばん下とつながっている二等辺三角形の形をした骨です。一つの大きな骨に見えますが、実は五つの骨で構成されており、それぞれが微妙に動くことで体のバランスを保っています。【解説】青山 正(荻窪接骨院院長)


【やり方】3秒反らすだけ!「これだけ体操」で腰痛は改善できる

【やり方】3秒反らすだけ!「これだけ体操」で腰痛は改善できる

腰痛で受診すると多くの場合、痛みが治まったらストレッチや筋トレをするよう指導されます。私自身も、以前は患者さんにそのように勧めていましたが真の腰痛対策にはなかなか結び付いていない現実が、あったのです。【解説】松平 浩(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座特任准教授)


【医師解説】「これだけ」で治る!変形性腰椎症、すべり症、筋膜性腰痛症と診断されたら

【医師解説】「これだけ」で治る!変形性腰椎症、すべり症、筋膜性腰痛症と診断されたら

坐骨神経痛や脊柱菅狭窄症のような原因が特定できる病気と違い、治らない腰痛、原因がわからない腰痛にも、変形性腰椎症、腰椎椎間板症、腰椎すべり症、筋膜性腰痛、ぎっくり腰という病名がつくことがあります。【解説】松平 浩(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座特任准教授)


腰痛、膝痛が改善!こむら返りも解消「ふくらはぎストレッチ」のやり方

腰痛、膝痛が改善!こむら返りも解消「ふくらはぎストレッチ」のやり方

人間の体は、精密機械のようなものです。どんなによい機械でも、使い続ければ調子が悪くなり、壊れやすくなります。同様に、人間の体も年齢を重ねると、あちこちに具合の悪いところが出てきます。しかし、定期的にメンテナンスをすれば、悪くなる度合いをゆるやかにできます。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)


なぜ【ヤンキー座り】で腰痛は治るのか?「主治医が見つかる~」で解説しきれなかったこと

なぜ【ヤンキー座り】で腰痛は治るのか?「主治医が見つかる~」で解説しきれなかったこと

若者から中高年まで、幅広い年齢層に蔓延する腰痛。病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合、「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、とくに異常はない腰痛とは、なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)


カラオケで腰痛を治す!血圧を下げて血糖値を改善させる曲名は、津軽海峡…

カラオケで腰痛を治す!血圧を下げて血糖値を改善させる曲名は、津軽海峡…

「カラオケを楽しみながら、腰痛が治る」こんなことを聞いたら、驚くかもしれませんね。カラオケには、隠れた健康効果があり、脳細胞の活性化、血流促進、内臓機能の強化、筋肉増強など、さまざまな有効性が期待できるのです。【解説】周東 寛(南越谷健身会クリニック院長・医学博士)


「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

「仙骨」を温めると健康になる!やせる!腰痛も改善すると名治療家が解説

体温が低くなると腰痛、下半身のむくみ、便秘、肩こり、全身の倦怠感などを招くこともあります。そこで、「仙骨温め」のやり方をご紹介します。【解説】青山 正(荻窪接骨院院長)


【セルフケア】腰痛、ひざ痛、股関節痛を一掃する「足の中指回し」

【セルフケア】腰痛、ひざ痛、股関節痛を一掃する「足の中指回し」

腰、ひざ、股関節の痛みに悩む患者さんは、後を絶ちません。痛みのきっかけはさまざまですが、原因はただ一つ、「体のねじれ」です。では、ねじれはどこから起こるのでしょうか。人間が立つとき、地面に唯一接しているのは足底(足の裏)だけです。【解説】内田泰文(豊中愛鍼灸整骨院院長)


「よくかむ=奥歯を使う」は間違い!ティッシュ1枚でできる【かみ合わせトレーニング】

「よくかむ=奥歯を使う」は間違い!ティッシュ1枚でできる【かみ合わせトレーニング】

腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。 そこで、咬合関連症からくる不調を軽減させ、かみ合わせを改善できるトレーニング「ティッシュかみ」をご紹介します。【解説】長坂 斉(長坂歯科院長)


【医師監修】坐骨神経痛の症状が改善した「AKAー博田法」とは

【医師監修】坐骨神経痛の症状が改善した「AKAー博田法」とは

椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛と診断され手術を受けましたが、術後も痛みが続きました。片田重彦先生に診ていただき、お陰で30年ぶりに腰の軽さを感じています。【体験談】眞木 健(医学ジャーナリスト)


【医師解説】原因不明の腰痛や坐骨神経痛の原因は骨盤関節のズレだった!

【医師解説】原因不明の腰痛や坐骨神経痛の原因は骨盤関節のズレだった!

原因がはっきりした腰痛は、全体の1割以下で、9割以上の腰痛は「原因不明」です。この原因不明のものに対して「関節運動学的アプローチ」で改善する治療法「AKA-博田法」をご紹介します。【解説】片田重彦(かただ整形外科院長)


【大学教授が解説】即効性あり!ギックリ腰も慢性腰痛も改善する「指組み」

【大学教授が解説】即効性あり!ギックリ腰も慢性腰痛も改善する「指組み」

筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ギックリ腰を起こしやすくなります。そのギックリ腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を刺激する「指組み」です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)


前かがみの人の腰痛に有効!体を伸ばして腰を回しお尻を鍛える「ほのまき体操」

前かがみの人の腰痛に有効!体を伸ばして腰を回しお尻を鍛える「ほのまき体操」

肩こりや腰痛を自分で治したい、体力をつけたい、という人のために、体を整えるための四つの要素「ほぐす・伸ばす・回す・鍛える」の頭文字をとった「ほのまき体操」をご紹介します。【解説】岩月麻里(おばた治療室代表)


一年分の肩こりがコレで消える!そしてやせる!O脚も改善!

一年分の肩こりがコレで消える!そしてやせる!O脚も改善!

腰痛、肩こり、ひざ痛などの症状を改善するポイントは、ズバリ「肩甲骨(背中の上部左右にある一対の骨)を動かすこと」。そこで、肩甲骨をほぐす「腕振り」をご紹介します。【解説】北濱みどり(国際中医師A級・社会福祉士)


ランキング


>>総合人気ランキング