医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

腰痛・坐骨神経痛

腰痛・坐骨神経痛

腰痛とは、病名ではなく、腰椎に負担がかかったり障害が起こったりすることで発症する症状の総称です。腰痛といえば、腰から足に鋭い痛みやしびれが生じる坐骨神経痛を思い浮かべる方が多いようですが、これも症状名です。坐骨神経痛の原因は、主に腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症といった疾患であることが多い傾向にあります。このカテゴリは、腰痛や坐骨神経痛の改善に役立つ記事一覧ページです。


腰痛・坐骨神経痛の健康情報一覧

腰痛の改善体操「アザラシポーズ」症例報告Before&After

腰痛の改善体操「アザラシポーズ」症例報告Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【腰痛・ひざ痛の予防改善】古武術から学ぶ体の動かし方鍛え方

【腰痛・ひざ痛の予防改善】古武術から学ぶ体の動かし方鍛え方

私が考案した「骨ストレッチ」は、古武術から学んだ体の動かし方を基礎とした、「筋力」よりも「骨」の動きを重視した体操です。一連の動作を行うことで、体の動きが見違えるようによくなります。骨ストレッチのコツを意識して動くことで、転ばない体を手に入れてください。【解説】松村卓(スポーツケア整体研究所代表)


あごのズレが原因で腰痛に!体のバランスを整える「アウアウ体操」のやり方

あごのズレが原因で腰痛に!体のバランスを整える「アウアウ体操」のやり方

私は、あごのズレている患者さんに、あごを正しい位置に戻す治療(丸山咬合医療・MFA治療)を行っています。体のバランスが整い、腰やひざの痛みがよくなり転倒しにくくなります。ここでは自宅でできる「アウアウ体操」を紹介します。【解説者】丸山剛郎(大阪大学名誉教授・日本咬合臨床研究所所長・特定非営利活動法人日本咬合学会理事長)


【慢性腰痛】”痛みを改善する「波止場のポーズ」のやり方

【慢性腰痛】”痛みを改善する「波止場のポーズ」のやり方

慢性腰痛の人には共通する症状が、一つあります。太ももの裏側の筋肉群であるハムストリングスがかたいのです。これが腰痛の引き金となります。ハムストリングスを柔軟にすると、腰への負担が格段に減るので、腰痛の予防や改善につながるのです。【解説者】出沢明(出沢明PEDクリニック院長)


ストレスが原因の腰痛に頬のマッサージが効果!「笑い筋ほぐし」のやり方

ストレスが原因の腰痛に頬のマッサージが効果!「笑い筋ほぐし」のやり方

腰痛を治療するうえでは、患者さんをリラックスさせ、ストレスや緊張、不安を減らすことが重要なポイントだとわかります。私はこれを踏まえ、皆さんに「笑い筋ほぐし」という方法をお勧めしています。【解説】佐藤源彦(CLSマッサージスクール名古屋校代表)


【太極拳メダリスト】腰痛を改善する「かかとの上げ下げ」のやり方を紹介!疲労回復にも

【太極拳メダリスト】腰痛を改善する「かかとの上げ下げ」のやり方を紹介!疲労回復にも

腎は西洋医学でいう腎臓を指すだけでなく、東洋医学的には免疫や生殖機能の働きを支える生命エネルギーが宿るところとされています。その腎に気がスムーズに巡ると、腎機能が高まって不要物の排出が促されたり血行がよくなることで、冷え症やむくみが改善したりします。【解説】市来崎大祐(2015年世界武術大会銀メダリスト)


【整形外科医考案】鎮痛剤や湿布を減らす!腰痛の予防・改善「血流グッド体操」のやり方

【整形外科医考案】鎮痛剤や湿布を減らす!腰痛の予防・改善「血流グッド体操」のやり方

腰痛をくり返す人は、鎮痛剤や湿布が欠かせないと思っていませんか。しかし、薬に頼っていても慢性腰痛はよくなりません。では、どうしたら改善するのか?それは、ほんの少しの意識を持ち、簡単な体操「血流グッド体操」を行うだけでよいのです。【解説】伊藤邦成(いとう整形外科院長)


腰痛改善には筋肉より「仙骨」を温めるとよい理由

腰痛改善には筋肉より「仙骨」を温めるとよい理由

仙骨は、上半身と下半身をつなぐ要であり、私たちの骨格を支えている中心的な骨といえます。ですから、仙骨に負担がかかってゆがみが生じると、全身の骨格に影響が出ます。特に、仙骨と直接つながる腰椎には支障が生じやすく、腰痛の大きな原因になるのです。【解説】中野朋儀(陽だまり‘はり・きゅう’治療室院長)


温熱効果で腰痛を解消する【仙骨の温め方】

温熱効果で腰痛を解消する【仙骨の温め方】

仙骨の温めは、さまざまな腰痛の緩和に役立ちます。脊柱管狭窄症や、座骨神経痛などによる腰痛は、基本的に血流の悪さと神経への圧迫によって症状が助長されているので、仙骨の温めによる改善効果が期待できるのです。さらにストレスからくる慢性的な腰痛の改善にも効果的です。【解説】中野朋儀(陽だまり‘はり・きゅう’治療室院長)


腰痛の根本原因は足指にあり!「浮き指」がもたらす不調のメカニズム

腰痛の根本原因は足指にあり!「浮き指」がもたらす不調のメカニズム

私の治療院には、腰痛をはじめ、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、座骨神経痛、ひざ痛、頭痛など、さまざまなトラブルを抱える患者さんが、毎日多く訪れます。そうした患者さんのほとんどに共通するのが、足指をうまく動かせなかったり、「浮き指」になっていたりすることです。【解説】倉幹男(みき接骨院院長)


腰痛改善の近道は「浮き指」を治すこと!足指の力を鍛える「足づかみ体操」のやり方

腰痛改善の近道は「浮き指」を治すこと!足指の力を鍛える「足づかみ体操」のやり方

足の裏には二つのアーチがあります。アーチをしっかり作って浮き指を直し、手の指と同じように、親指から小指にいたるまで5本の指をよく動かすことで、足指の機能を取り戻すことができます。「足づかみ体操」をやることで何をやっても治らなかった腰痛が解消したという人が少なくありません。【解説】倉幹男(みき接骨院院長)


【急な腰痛対策】ぎっくり腰の治し方は腸腰筋のストレッチ「アザラシポーズ」

【急な腰痛対策】ぎっくり腰の治し方は腸腰筋のストレッチ「アザラシポーズ」

ぎっくり腰(急性腰痛症)とは筋肉の痙攣が原因で激痛が起こる症状です。ギックリ腰は、いわば腸腰筋が「こむら返り」を起こしているようなものなのです。皆さんは、こむら返りの時、どう対処しますか?痛みに耐えながら痙攣した筋肉を伸ばそうとすると思います。ギックリ腰への対策も同じです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【腰痛の治し方】原因と症状で対処が違う!自覚症状でわかるチェックリスト

【腰痛の治し方】原因と症状で対処が違う!自覚症状でわかるチェックリスト

腰の痛みは、特異的腰痛と非特異的腰痛の二つに分けられます。特異的腰痛には、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折、変形性腰椎症、腰椎変形すべり症があげられますが、非特異的腰痛は骨などに異常が見当たらない腰痛(ぎっくり腰など)で患者の85%が当てはまります。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)


【やり方】慢性腰痛やギックリ腰の痛みがすぐ和らぐ「足の筋肉はがし」

【やり方】慢性腰痛やギックリ腰の痛みがすぐ和らぐ「足の筋肉はがし」

天城流湯治法では、腰痛に限らず急性期の炎症(外傷など)を除く痛みのほとんどは、血流などの滞りによって起こると考えています。体のどこかに滞りがあり、それによって筋肉と骨が癒着を起こし腱が引っ張られて痛みが起るという理論です。その考え方だと、腰痛の原因は腰にあるとは限りません。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【ぎっくり腰の応急処置】安静はNG 動かして"伸ばして治す"

【ぎっくり腰の応急処置】安静はNG 動かして"伸ばして治す"

ぎっくり腰とは、正式名称を急性腰痛症といいます。前屈をしたり、咳やくしゃみをしたりといったことが原因で、腰に激痛が走ったり、急激に脱力したりする症状が起こります。効果的な対処法として、「自重けん引」と「壁押しストレッチ」をご紹介します。【解説者】久野木順一(日本赤十字社医療センター整形外科センター長)


腰痛の原因は椎間板の水分が抜けていた 私は「水飲み」で手術を回避できた!

腰痛の原因は椎間板の水分が抜けていた 私は「水飲み」で手術を回避できた!

水を飲むことと、腰痛を改善することは、決して無関係ではありません。朝起きてから、小まめに水を飲み続け、その日寝るまでに約4Lの水を飲むようにしました。そして、翌朝目が覚めると、ウソのように痛みが軽減していたのです!【体験談】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)


【首置き枕】で20年患っていた腰痛が治った!ギックリ腰からも解放

【首置き枕】で20年患っていた腰痛が治った!ギックリ腰からも解放

会社員として働いていた20代のころ慢性的な腰痛に悩まされていました。30歳を過ぎて飲食業につくと立ち仕事で足腰を使う機会が増えさらに腰に負担がかかるようになりました。そして40歳の頃、家族で外食に行ったときカウンターの高いイスから変な体勢で降り、ギックリ腰になってしまったのです。【体験談】本田麻衣子(飲食業・46歳)


腰痛の原因に「栄養不足」も【サバの水煮缶】が最適な理由

腰痛の原因に「栄養不足」も【サバの水煮缶】が最適な理由

腰痛の原因は加齢だけではありません。腰痛を改善するには、食事で十分な栄養をとり、骨や筋肉の衰えにブレーキをかけることが大切です。脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアも栄養不足を補うことで改善するのです。お勧めしたいのが「魚の缶詰」です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)


側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

私は、中学時代から頭痛持ちで、ひんぱんに鎮痛薬を飲んでいました。社会人になった20歳のころから、腰痛にも悩まされるようになりました。たまたま受けたレントゲン検査で、背骨が歪んでいる「側わん症」であることが判明。レントゲン写真では、正面から見てS字になっているのがわかりました。【体験談】増崎志保(会社員・45歳) 


腰痛の原因は重心のずれ!体を左右対称に戻す「肩の後ろ回し」やり方

腰痛の原因は重心のずれ!体を左右対称に戻す「肩の後ろ回し」やり方

前かがみで仕事をしたりスマートフォンを操作したりすることが多い現代人は、肩甲骨が外側に開き、肩が前に出てネコ背になっています。この状態を「巻き肩」とか「肩が巻いている」といいます。重心を戻すには、この前傾姿勢を正さなければなりません。腰痛の改善・再発予防に「肩の後ろ回し」を紹介します。【解説】笹岡丈裕(笹岡整骨院院長)