頭痛・片頭痛

頭痛・片頭痛

一口に頭痛といっても、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、三叉神経・自律神経性頭痛、薬物乱用頭痛と、その原因は様々で、予防法や対処法が大きく異なります。最も多いのが、脳の血管が広がって痛む片頭痛と、頭の周りの筋肉が緊張して痛む緊張型頭痛です。脈打つように痛むのは片頭痛、頭が締め付けられるように痛むのが、緊張型頭痛です。このカテゴリは、頭痛の改善に役立つ記事の一覧ページです。


頭痛・片頭痛の健康情報一覧

【テクノストレス症候群とは】パソコン・スマホが原因の頭痛に効くツボ「首の6点押し」

【テクノストレス症候群とは】パソコン・スマホが原因の頭痛に効くツボ「首の6点押し」

近年、私の治療院で増えているのが「テクノストレス症候群」の患者さんです。パソコンやスマホを凝視していると、目が疲れることはいうまでもありません。長時間続けていると、ネコ背になりがちで、首や肩、背中がこわばってしまいます。その結果テクノストレス症候群の症状が起こるのです。【解説】木下誠(指圧・鍼灸の神陽館院長)


ズキンズキンと脈打つ片頭痛が“耳”をもむと改善 肩こりも消えた!

ズキンズキンと脈打つ片頭痛が“耳”をもむと改善 肩こりも消えた!

私は、10年ほど前から、頭痛に悩まされるようになりました。それまでなんともなかったのに、生理中やその前後に、突然、起こるようになったのです。側頭部や頭全体がズキンズキンと脈打つようで、ひどいときには目の奥まで痛み、吐き気がすることもありました。【体験談】上野尚子(50歳・パートタイマー)


【頭痛の種類と改善方法】痛みを自分でコントロールする“頭痛日記”のつけ方

【頭痛の種類と改善方法】痛みを自分でコントロールする“頭痛日記”のつけ方

頭痛が起こると、なかなか我慢できずに鎮痛剤に頼ってしまいがちです。しかし、薬で病気は根治できません。どうして自分の頭痛が起こっているのか、原因を把握し、起こらないように対処することが大事です。【解説】山田洋司(梅ノ辻クリニック院長)


【頭痛を改善する食事】症状が重い時、控えたい食品はコレ!

【頭痛を改善する食事】症状が重い時、控えたい食品はコレ!

頭痛症状を予防・緩和するのに役立つ栄養素が、ビタミンB2とマグネシウムです。これらを多く含む食品を積極的に摂取することで、頭痛の改善が期待できます。一方、控えたほうがよい成分もあります。それは、チラミンです。特に発酵食品や熟成した食品、アルコール類などに、多く含まれます。【解説】山田洋司(梅ノ辻クリニック院長)


【緊張型頭痛を改善】吐き気を伴う片頭痛にも効く「首ユラユラ体操」の効果

【緊張型頭痛を改善】吐き気を伴う片頭痛にも効く「首ユラユラ体操」の効果

頭痛を訴える患者さんは、首や肩周りの筋肉がひどくこっています。首が前に出て肩や背中が丸まった悪い姿勢が原因です。筋肉が緊張し頭部へと通じる血管や神経が圧迫されて起こるのです。個人の見解ですが、慢性頭痛の原因は、脳への酸素と血流不足ではないかと思っています。【解説】立林幸汰(徳永接骨院・淵野辺院院長)


【頭痛】ふくらはぎをほぐして改善する方法 「飛行機頭痛」にも効果があった

【頭痛】ふくらはぎをほぐして改善する方法 「飛行機頭痛」にも効果があった

私はこれまで、数多くの患者さんを見てきましたが、いわゆる「頭痛持ち」の人には、共通点があります。それは、ふくらはぎがこり固まっていることです。そして、興味深いことに、このふくらはぎのコリをほぐすことが、頭痛の改善につながるのです。【解説】中村光太郎(JITAN‐BODY代表)


【体験談】ストレートネック(首猫背)が改善!「首腰枕」で抜け毛が減った

【体験談】ストレートネック(首猫背)が改善!「首腰枕」で抜け毛が減った

私はパティシエの仕事をしています。一日の仕事を終える頃には、首から背中、腰もパンパンに張り、足は棒のようになります。体のむくみもひどく、朝にはいてきた靴が夕方にはきつくなって、足がなかなか入りませんでした。20年近く続けていたのですが、仕事中に物忘れが増えたことに気付きました。【体験談】野田るみこ(経営者・46歳)


【目がチカチカ】片頭痛、脳梗塞の前兆 "閃輝暗点"(せんきあんてん)とは

【目がチカチカ】片頭痛、脳梗塞の前兆 "閃輝暗点"(せんきあんてん)とは

突然、目の前にチカチカとした動く光が見え、しばらくの間、部分的にものが見えなくなる。こんな経験のある人はいませんか。これは「閃輝暗点」と呼ばれる症状で、片頭痛の前触れ、そして脳梗塞の前兆としても起こることがあります。【解説】喜多村孝幸(日本医科大学武蔵小杉病院・脳神経外科部長)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)


のぼせや頭痛の症状が解消 めまい、耳鳴りも改善 私の【ホットトマトジュース】健康法

のぼせや頭痛の症状が解消 めまい、耳鳴りも改善 私の【ホットトマトジュース】健康法

私は5年前から週1回程度介護の仕事のお手伝いをしています。そこで出会ったのが90歳を超えるのに、とても元気ではつらつとしたおばあちゃんです。いつも「すごいなぁ」と感心していたのです。そのおばあちゃんは、大のトマト好きで毎日必ず、生のトマトを食べていました。【体験談】玉城光枝(沖縄県・67歳・主婦)


【頭痛を改善するセルフケア】「足の指もみ」で血流アップ!病院で治らなかった頭痛が続々改善

【頭痛を改善するセルフケア】「足の指もみ」で血流アップ!病院で治らなかった頭痛が続々改善

すべての患者さんに必ず行うものが足の指ほぐしです。患者さんのほとんどは、足指の刺激をセルフケアとして毎日自宅で行っています。施術の直後に「体が温かくなった」「目がスッキリして視界が明るい」「肩と首のコリが取れた」「頭重感が消えた」といった実感があるからでしょう。【解説者】茂田真吾(ぽっかぽか整骨院・銀座院院長)


【片頭痛、顎関節症が改善】医師が勧める「指の2点押し」のやり方

【片頭痛、顎関節症が改善】医師が勧める「指の2点押し」のやり方

どこに行っても治らない、原因不明の痛みやしびれに悩まされている患者さんが当院にはおおぜい来られます。そういう患者さんに私が行うのが「遠絡療法」という治療法です。頭痛や顔の痛み、足の裏の痛みやしびれなどが即座に改善したと、患者さんにも大変好評なのです。【解説】小泉正弘(小泉医院遠絡医療センター院長)


頭痛を改善する【手のもみ方】

頭痛を改善する【手のもみ方】

頭痛が発生する大きな原因は3つあります。①脳に流れる血流が滞る ②脳から出て行く血流が滞る ③首と頭部の筋肉が緊張している これらのどれか、もしくはいずれかが同時に起こると頭痛になりやすいです。頭痛を改善する反射区をご紹介します。【解説】熊谷剛(疲労回復協会会長・鍼灸師)


【頭が痛い】原因不明の片頭痛がセルフケアで治る!血流を高める「足の指回し」

【頭が痛い】原因不明の片頭痛がセルフケアで治る!血流を高める「足の指回し」

頭痛の患者さんは、血液循環が悪いのです。原因としては、姿勢の悪さや交通事故などによる首の変形、長期間にわたる鎮痛剤の使用、体を冷やす生活習慣などが考えれます。血流を妨げる原因を取り除く指導や施術と並行して、私が力を入れているのが、足の指を刺激することです。【解説】茂田真吾(ぽっかぽか整骨院・銀座院院長)


自律神経のバランスが整う 頭痛が解消する 症状改善【首のスジ押し】のやり方

自律神経のバランスが整う 頭痛が解消する 症状改善【首のスジ押し】のやり方

ストレス社会に生きる現代人は、どうしても交感神経優位に傾きがちです。自律神経のバランスがくずれ、多くの人が耳鳴りやめまい、目の重苦しさなどに悩まされています。首のスジ押しは、副交感神経を刺激し、自律神経のバランスを整えます。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


【あごを回す】長い間悩まされ続けた片頭痛が劇的に改善!回転性のめまいも治った

【あごを回す】長い間悩まされ続けた片頭痛が劇的に改善!回転性のめまいも治った

私は、片頭痛に悩まされ続け、10年ほど前から、専門外来に通っていました。  その外来では、首周辺の筋肉のコリを取る薬が処方されていましたが、飲み続けても、ほとんど効果はありませんでした。効きめがないうえ、薬を飲むと、副作用で頭がボーッとします。【体験談】神奈川県◎50歳◎事務職 柳沢俊子(仮名)


【眼科医考案】ヘアバンドにポニーテールが最強!超簡単「まぶたアップ法」

【眼科医考案】ヘアバンドにポニーテールが最強!超簡単「まぶたアップ法」

まぶたのたるみを治すと、眼科領域の疾患である眼精疲労、目の痛み、ドライアイ、視力低下などに限らず、同時に治ってしまう疾患は少なくありません。頭痛、高血圧、肩こり、冷え症、不眠、下痢、便秘、アトピー性皮膚炎、腰痛、うつなどへの効果が期待できます。【監修】栗橋克昭(栗橋眼科院長) 


頭にたまった気を流せ! 四つの特効ツボを一度に刺激し 頭痛を撃退する「アキレス腱もみ」

頭にたまった気を流せ! 四つの特効ツボを一度に刺激し 頭痛を撃退する「アキレス腱もみ」

頭痛の予防や改善に効果を現すのが、アキレス腱をもむ方法です。頭痛撃退の「アキレス腱もみ」のやり方をご説明します。【解説】鳴海理恵(VE&BI治療院院長・気血免疫療法会理事)